『タクティクスオウガ 運命の輪』のパッケージデザインが日本と北米で違う

写真拡大

2010年11月11日に発売された、プレイステーション・ポータブル専用ソフト『タクティクスオウガ 運命の輪』(スクウェア・エニックス)。この作品はスーパーファミコンで人気を博した『タクティクスオウガ』のリメイク版で、新たなシステムを導入してパワーアップしています。

その『タクティクスオウガ 運命の輪』の日本版と北米版で、パッケージデザインに違いがあることが判明しました。日本版は女性キャラクターの露出が多いのですが、北米版では露出が減っているのです。

実際に双方のパッケージデザインを見比べてみたところ、確かに露出が減っていました。日本版では「下着つけてないんじゃないの?」と思えるほど脚と腰を露出している女性キャラクターが、北米版ではストッキングのようなものをはいていました。

また、胸元の形がクッキリとしている女性キャラクターが、北米版では体のラインが目立たない服を着用していました。日本版は胸元の服がブラジャーに見えなくもないので、その影響で服を着せたのかもしれませんね。日本版と北米版、ちょっとした違いを探すのはけっこう楽しいかもしれませんよ。

画像: タクティクスオウガ 運命の輪

■関連記事
メロンパンとカレーパンはどっちがパンとして優れているか?
『ニーア ゲシュタルト』開発者がゲームの体験版配信に言及「デモ版だけで満足してしまう」
見ているだけで癒やされる「雪ではしゃぐニャンコ動画」
ネットユーザー大絶賛! 「転がりっぷり」に定評のある猫
ブルブルふるえるダイエットマシーンの上で寝る猫がカワイイ