ニコ生相撲中継 焼き鳥に関する知識を得られ怨嗟の声爆発で面白いぞ

写真拡大

『ニコニコ生放送』は5月8日に大相撲の「五月技量審査場所」の中継を開始した(NHKは放送せず)。千秋楽の5月22日まで、序の口から幕の内まで全取り組みを8時半〜18時まで観ることが可能だ。番組紹介のページでは「新しい形の相撲中継をぜひお楽しみください」と書かれたが、実際に中継を観てみると確かに新しい。

まず、アナウンサーと解説がいない。「向こう正面の●●さん」もいないし、ただ「はぁはぁはぁ」「そうッスね」と言っているだけの力士インタビューもない。聞こえるのは呼び出しの声、行事の声、力士が手やマワシをはたく音、観客の歓声などなど、会場から流れる音だけである。リプレイがないので、一瞬の勝負などは何がなにやらよく分からないことも。

『ニコ生』なので当然だが“コメント”が大きな意味を持ってくる。例えば、オレは元々相撲は好きではないのだが、相撲観戦をしながら飲み食いするのは大好きである。国技館では“裸の大男のぶつかり合いを見られる居酒屋”という楽しみ方をしている。そういえば今場所は焼き鳥売ってるのかな…、などと思っていたらなんということか! ニコ生ユーザーがこうコメントを書き込んだ。

「焼き鳥ってないの?」

すると「ない」「今場所は焼き鳥ない」「常識」などと事情通らしき人物から書き込みがされる。さらには「焼き鳥おいしいよね」といった感想のほか、「焼き鳥は国技館の地下で作ってます」「焼き鳥は通販でも買える」といったトリビアも登場する。そして「にこにこどうがで焼き鳥ビールっていうのもいいな」などと焼き鳥の話が終わらなくなるのである。

かと思えば「ケツ丸出しだな」と当たり前のことを言うヤツが登場したり、「足長いな」と力士について書いたり勝負が早く決着ついたら「はや」と書く。「あーあ……親方に怒られる」と負けた力士を勝手に心配してあげたりと、相撲を題材にユーザーによる雑談が途切れないのである。

というわけなので、一般人(時々事情通が登場)が「デブ」だの「イケメン」だの言いながらガヤガヤと相撲を観る様子を観るってのも面白いので皆さんオススメですよ。

ただ、幕内後半になってくると、プレミアム会員優先になるため一般会員(無料ユーザー)は押し出されてしまうわけですね。「チクショー観れねぇよ!」とそこで怒るなかれ。実は“生放送が見れなかった人のための動画”というのが存在し、ここではあなたと同様に押し出されてしまった無料ユーザーが文句を言いまくる場になっており、これまた新しい形の楽しみ方になっている。

この動画では両国国技館風の建物が揺れ、大歓声が湧いている中、右側に「プレミアム会員用入場口」があり、左側に「一般会員用入場口」のアニメが流れる。そして、左から疲れ切った人が続々と追い出され、さらには雷の直撃を食らい吹っ飛ばされるというすさまじさ!

「お前ら観たかったらさっさと登録しろ、ケッ」といった感覚満点なのだが、このアニメが一般会員を逆撫ですることすること! 「えええええええええ」「格差社会」「一般でわるいか」などはまだしも、「プレミアムなんかこの世のくずだ」「プレミアムなんてこの世からいなくなれ」「これはひどいいいい もっと荒れるべき」「絶対にプレミアムならねえよwwwwwwwwwwwwwwww」など、プレミアム会員と運営への怨嗟(えんさ)の声も含め、20万件以上のコメントが書き込まれ、これはこれで十分楽しめるのでした。

● 参考サイト
・大相撲「五月技量審査場所」-ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/series/sumou
・生放送が見れなかった人のための動画その2
http://www.nicovideo.jp/watch/nl5166230?sec=nicolive_oidashi&sub=watchplayer_oidashialert_0_official_lv47740189_onair

文/中川淳一郎(ネットニュース編集者)



■関連記事
スバルが「お相撲さんが登場する自動車コマーシャル」を放送
大相撲力士は労働者なのか?
お相撲さん・高見盛の彼女はLカップ美女だった! インターネットで嫉妬の嵐
相撲界にエヴァンゲリオン発進! 綾波レイが横綱に!
向正面にオリンピックおじさん発見!