8日、ごく少人数を対象としたプライベートシアターがこのほど江蘇省揚州市に登場。カップルや家族連れが他の客に気兼ねすることなく映画を見られ、好評を博している。写真はチャン・ツィイー主演映画「最愛」。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51181">

写真拡大

2011年5月8日、揚子晩報によると、ごく少人数を対象とした「プライベートシアター」が江蘇省揚州市に4月末にできた。

このプライベートシアターは揚州広陵新城信息産業園内の「網尚世界デジタル映画視聴館」。各ブース面積20平方メートルほどで、1人からの利用が可能となっている。ドルビー5.1chにも対応し、大型ソファーに寝転んだまま好きな映画を選んで大スクリーンで見ることができ、他の客に気兼ねすることなく子どもと映画を見ることもできる。

【その他の写真】

3人向けブースは12室、カップル向けブースは7室。その他に19人分、55人分のシートがある大きめのブースもあり、上映可能な映画は3000作品以上に上る。

運営会社によると、このプライベートシアターは中国国家広播電影電視総局電影事業管理局と国家工商部門の認可を受けており、新たなスタイルの映画館として好評を博しているという。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
ステキすぎるプロポーズが話題に=映画館で起きたサプライズ―中国
中国における映画興行収入、10年以内に米国を抜く=ワーナー上層部が予測―中国紙
ドキュメンタリー映画祭が突然の中止、官制メディアは「空気の緊張」が理由と報道―北京市
売春施設の抜き打ち検査から大脱走!全裸で映画ばりの脱出アクション―吉林省長春市
<レコチャ広場>3Dポルノ映画「3D肉蒲団」、鑑賞ツアー参加者から「失望」の声―中国