【バーゼル新作情報】ルイ・ヴィトンが 『タンブール ミニッツリピーター』を発表
vuitton_tmr2.jpg2011年3月24日〜31日、スイスで開催されたバーゼルワールドにて、LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)は『タンブール ミニッツリピータ−』を発表しました。

時刻を音色で奏でるメカニズムを搭載したモデルで、2011年より受注開始をする予定です

(写真は『タンブール ミニッツリピーター』2800万円)2002年、ルイ・ヴィトンは「タンブール・コレクション」を掲げて時計製造の世界に参入しました。伝統と革新が見事に融合したコレクションとして、今日ではルイ・ヴィトンのアイコン的存在にまでなっています。時計製造の分野における躍進を誇り、今年より「バーゼルワールド」への初参加を果たしました。1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンのトランクやラゲージは時代を超えた旅の伴侶でしたが、『タンブール ミニッツリピーター』は世界を旅するグーローブトロッタ―のために製作されました。

「ミニッツリピーター」は、時刻を音で表現し、五感のひとつである聴覚で瞬時に認識するメカニズムで す。この種の機構は、文字盤を見ずに時刻を知ることを実現させるために開発されましたが、時計機構業界のエキスパートたちから、もっとも複雑な機構のひとつとして認識されています。そして『タンブール ミニッツリピーター』は、この高精度のメカニズムに美しい細工が施されたモデルです。

vuitton_tmr.jpgシースルーバックから見るキャリバー・ムーブメント


ダイヤルには、旅行中でも旅先の地のローカルタイムが表示され、ダイヤル中央にあるウィンドウには拠点とホームタイムが表示されます。ダイヤルとシースルーバックの両方から見える手巻キャリバー・ムーブメントは、針によって大きく表示されるローカルタイムではなく、ホームタイムを鐘の音で伝えます。奏でられる音色は、ウォッチの動作の有無にかかわらず、"時間"にますますセンシティブでパーソナルな響きを与えます。

『タンブール ミニッツリピーター』に自分流のアレンジを加えることもできます。ホワイトゴールドやローズゴールド、またはイエローゴールドでもスペシャルオーダーすることができるほか、カスタマイズすることもできます。さらには、インデックスプレート4時位置
に、イニシャルや紋章、あるいはお好みのレリーフ加工を施すことが可能です。

【タンブール ミニッツリピーター】

 ■基本情報
 ・価格        : 2800万円
 ・発売        : 2011年11月よりヴァンドーム広場オープン予定の
            ウォッチ&ファインジュエリーショップより受注開始、
            その後順次各国にて受注開始(予定)
 ・パワーリザーブ   : 100時間
 ・サイズ       : 直径44mm
 ・振動数       : 21,600振動/時
 ・ケース       : ホワイト・ゴールド製
 ・ガラス       : 両面反射防止加工サファイアクリスタルクリスタル
 ・防水        : 30m
 ・針         : トルツメ、ホワイトスーパールミノーバ
 ・ストラップ         : アリゲーターストラップ
 ・機能                : ミニッツリピーター機能、GMT機能(2つのタイムゾーン)
 
 ■ ムーブメント『キャリバーLV178』
 ・仕様        : 手巻き、シースルーバック、ナイト&デイインジケーター、
            パワーリザーブインジケーター


【問】ルイ・ヴィトンジャパン カスタマーサービスセンター tel:03-3478-2100
  URL: http://www.louisvuitton.com



■関連記事
ルイ・ヴィトンから新作シューズ『リシュリュー』が登場
【バーゼル新作情報】ブレゲが 『クラシック 5717 オーラ・ムンディ』を発表
【バーゼル新作情報】ゼニスより登場『エルプリメロ ストラトス フライバック クロノグラフ』
ルイ・ヴィトンから『スピーディ・バンドリエール』が登場!
【バーゼル新作情報】オメガが 『シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ』を発表
【バーゼル新作情報】パテック フィリップが 『パテック フィリップ5270』を発表
【「東日本大震災」復興支援】オーデマ ピゲ ジャパンが復興支援キャンペーン『SUPPORT JAPAN』を開始
【バーゼル新作情報】タグ・ホイヤーが『カレラ ヘリテージクロノグラフ』を発表
【バーゼル新作情報】ブランパンが 『L-エボリューション トゥールビヨン ラージデイト』を発表
【バーゼル新作情報】ベダ&カンパニーが『No.8』を発表