『Google』のトップページが『ミスターメンとリトルミス』になりました

写真拡大

2011年5月9日、インターネット検索サイト『Google』のタイトルロゴが『ミスターメンとリトルミス』になりました。『ミスターメンとリトルミス』は欧米で人気の絵本やキャラクターで、日本でもテレビアニメが放送されていました。

もともとは『ミスターメン』という絵本だったのですが、人気に火がつきテレビアニメになり、世界中の人たちに知られるようになったとのこと。それにしても、どうして『Google』のトップページが『ミスターメンとリトルミス』になったのでしょうか? それは、この作品の著者に関連しているのです。

著者のロジャー・ハーグリーヴス氏の誕生日が1935年5月9日だったので、その誕生日を祝ってタイトルロゴをそのキャラクターにしたようです。残念ながら1988年9月11日に亡くなってしまいましたが、その作品はいまも世界中で愛されています。

日本ではソニー・クリエイティブプロダクツが版権を持っているようで、さまざまなキャラクターグッズが販売されています。日本語の公式サイトもあるので、これを機に『ミスターメンとリトルミス』を調べてみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに筆者は、「知りたがりくん」というキャラクターが好きです。なんかこう、大人の魅力があるところがイイ感じのキャラクターです。

画像: Google

■関連記事
メロンパンとカレーパンはどっちがパンとして優れているか?
『ニーア ゲシュタルト』開発者がゲームの体験版配信に言及「デモ版だけで満足してしまう」
見ているだけで癒やされる「雪ではしゃぐニャンコ動画」
ネットユーザー大絶賛! 「転がりっぷり」に定評のある猫
ブルブルふるえるダイエットマシーンの上で寝る猫がカワイイ