(ネタバレ注意)「GOSICK-ゴシック-」第16話、君は私を、見つけられないのか。

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
第16話「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」TVアニメ「ゴシック」第16話が放送された。

ヴィクトリカがいなくなった。ブロワ侯爵によって「ベルゼブブの頭蓋」と呼ばれる修道院に連れていかれてしまったのだ。

心配のあまり、迎えにいこうと考える一弥は、列車のなかで同じく修道院を目指す人々と出会う。
 
彼らは、そこで開かれる秘密の夜会、ファンタスマゴリアに参加しに行くのだという。それは、艶めかしい美女も多い「オカルトショー」なのだと言うが…。

ここまで来たんだ、何が待ち受けてようと、必ず助けるよ。修道院「ベルゼブブの頭蓋」。そこには、一人で怯えたヴィクトリカがいました。一弥に抱かれ安心する様は、まさに少女そのものでかわいらしい姿でしたが、何故彼女はここにいるのか。
 
そして、一弥をここに導いた、ヴィクトリカと見間違えたドレス衣装の女性は一体何者なのか…?

次回は17話「螺旋の迷子にその箱はねむる」です。

(C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

▼外部リンク
GOSICK-ゴシック-
【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]

■関連記事
(ネタバレ注意)「まりあ†ほりっくあらいぶ」第5話、たった一週間で、世界ってこんなに変容するんだ。
【6/11】林原めぐみさんBESTアルバム「VINTAGE White」リリース
モンテール、アジアン寒天シリーズからカップデザート「杏仁寒天」を発売中
【METEOR】わたしのファミカセ展 2011
【アニメ】「Aチャンネル」第5話「海」(ネタばれ注意)