【懐かしいゲーム特集】「たけしの挑戦状」(ファミコン版)

写真拡大

常識があぶない!(画像:amazon.co.jp)©TAITO CORP./ビートたけし

「たけしの挑戦状」は1986年に株式会社タイトーからファミリーコンピュータ版としてリリースされたアドベンチャーゲームです。

「たけしの挑戦状」はコメディアン等として大変有名な「ビートたけし」さんがゲームデザインをした作品としても大変話題になりました。

ゲーム内容は簡単に言えば会社員である主人公が南の島にあるというお宝を見付けに行くということが目的になっています。但し、実際にはそのプロセスが極めて困難かつ殆どノーヒントの謎解きが多数あるので、おそらくノーヒントで完全攻略出来た方は誰もいなかったと思われます。

また、このゲームについては現在でもまだ完全解明されてない謎があるのでは?と思われるくらい寄り道的要素が多数あります。例えば、カラオケで実際にファミコンのマイク機能を使用して歌わないとクリア必須アイテムが手に入らないというのは有名ですが、それにも抜け道がいくつもあります(実際に自分で試してみましょう)。

ちなみに「たけしの挑戦状」が発売される前日に「フライデ
ー襲撃事件」が発生しています。それもこの作品を印象深くしている要因であります。

「たけしの挑戦状」でビートたけしさんに挑戦してみましょう!


▼外部リンク
たけしの挑戦状

■関連記事
(ネタバレ注意)TVアニメ「シュタインズ・ゲート」第5話、ここから先を知ったら、危険に晒される可能性がある。
TVアニメ「戦国乙女 桃色パラドックス」第五話、茶会での百物語(ネタバレ注意)
【懐かしいゲーム特集】「クルクルランド」(やりこみゲームその27)
(ネタバレ注意)アニメ「デッドマン・ワンダーランド」第3話、絶望の中で、再び現れた悪夢
大人気VOCALOID楽曲のベストアルバム「VOCALOID BEST from ニコニコ動画」2種が6月に同時発売!