ソニー・コンピュータエンタテインメントより、「ソニー・オンラインエンタテインメント」のデータベースから顧客情報が違法に持ち出された可能性があると発表された。
 
これは、SOE のエンジニアとセキュリティ調査会社の調査で明らかになったもので、ソニー・オンラインエンタテインメントが管理・運営しているシステムが4月16日から17日にかけて、ハッカーの侵入を受け、顧客情報を違法に取得された可能性があるというもの。
 
約2,460万のSOEアカウント、ならびに2007年当時のデータベースから約12,700件の米国以外に住むユーザーのクレジット、あるいはデビットカードの番号と有効期限及び、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペインに在住のユーザー約10,700件のダイレクトデビットカードの購入履歴に関する情報が、違法に取得された可能性があるのだという。
 
違法に取得された可能性のある、2,460万アカウントに含まれる個人情報は以下の通り。

・氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、性別、生年月日、ログインID、ハッシュ化されたパスワード

10,700件のオーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン在住顧客のダイレクトデビットカード購入履歴には、上記項目に加え、以下の情報が含まれる。

・口座番号、口座名義、顧客氏名、顧客住所

(C)2011 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

▼外部リンク
Sony Online Entertainment (ソニー・オンラインエンタテインメント)のデータベースから顧客情報が違法に持ち出された可能性


■関連記事
【コスパ×ジオン】迷彩ザクアロハ
それでも町は廻っている「figma 嵐山歩鳥」フィギュア予約再開!
【メディアファクトリー】New スーパーマリオブラザーズ Wii サウンドバンク
サンタ衣装に生足の「けいおん!」平沢唯フィギュア予約再開!
田中理恵さんなどが出演する「いたずらCD」