米国トヨタのCMに初音ミクを起用

写真拡大

日本でも、『ニコニコ動画』を中心に人気を博してる“初音ミク”が、米国トヨタの2011年カローラCMキャクターに起用された。今回のCMは5月4日に『YouTube』にアップされ、公式サイトもオープンして、日本のファンにも『Twitter』を介し広まって話題となっている。

mikux01

CMは48秒バージョンと16秒バージョンの2種類で、どちらも日本で行われたLIVE風景が使われている。CMに使われている楽曲は、米国でも人気の『NARUTO疾風伝』エンディングテーマ『うたかた花火』の楽曲を提供したryo氏のオリジナル曲『ワールドイズマイン』。この楽曲は『ニコニコ動画』でも480万再生を誇る人気の楽曲だ。
初音ミク人気は、日本だけに留まらず世界に広がっていくのか、これからの展開が楽しみだ。

※(配信先の皆様へ)動画や関連サイトへのリンクは、ガジェット通信ウェブサイトでご覧ください。



米国トヨタカローラ公式サイト
http://www.toyota.com/corollamiku/

※画像は米国トヨタウェブサイト及び『YouTube』から引用
※この記事はガジェ通一芸記者の「masamasa」さんが執筆しました。

[Link]●masamasaさんプロフィール:2輪4輪問わず、モータースポーツ関連のレポートを得意としています。見てる人に「モータースポーツは楽しい!」と知って頂けたら幸いです。

■関連記事
『タモリ流高菜ちりめんじゃこごはん』を作ってみた!
“オトナが本気でコピーバンドをやったらこうなった”福岡のオモシロライブイベントをご紹介絵描きさんだけのものじゃない!? 改めて考えるペンタブレットの魅力
広島の元県議会議員・梶川ゆきこ女史の香ばしいツイートまとめ
『日本ホビーショー』でスイーツデコが人気