ホンマタカシ建築写真展Seeing Itself開催 ギャラリーここ第3弾

写真拡大

 東京・恵比寿の「Gallery KoKo(ギャラリーここ)」にて、ホンマタカシ氏による写真展「Seeing Itself<建築写真編>」がスタートした。5月8日には、ホンマ氏と若手建築家 大西麻貴氏らをギャラリーに迎え、「建築と写真」をテーマにトークショーを開催する。

ホンマタカシ建築写真inギャラリーここの画像を拡大

 「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」を展開するスタッフ インターナショナル ジャパンが運営する「Gallery KoKo」では4月30日〜5月15日、展覧会第3弾となる「Seeing Itself<建築写真編>」を開催している。会場では、ポートレイト、ドキュメント、風景、ファッション、広告など幅広い分野で活躍するホンマ氏が、独自のスタンスで"建築写真"のあり方に一石を投じた作品を展示。空間構成は、若手建築家としてアート・建築の両分野から注目される大西麻貴氏が手がけ、「seeing itself=見ることそれ自体」を能動的に体験できる空間が誕生した。ギャラリー内で、全身を使って建築と空間、そして写真を「見る」体験が出来る。5月8日に開催されるトークショーは、一般参加も可能。ホンマ氏と大西氏、そして都市・建築論のエキスパートである東京大学大学院情報学環助教の南後由和氏が参加し、建築と写真に関するトークが繰り広げられる。

 「Gallery KoKo」は、2010年10月に「メゾン マルタン マルジェラ トウキョウ」2階に誕生した不定期開催のギャラリー。都心でソファやイスに座りながら現代アートをゆったり見て過ごす空間を作るというコンセプトのもと、スペースを所有するスタッフ インターナショナル ジャパンの広報と編集者により立ち上げられた。ギャラリーとアートラウンジの中間といえるカジュアルなコンセプトで、国内外のアーティストやギャラリーをフィーチャーし展示を行っている。第1弾のオープニング展覧会はNY・SOHOのteam gallery所属アーティストのグループ展「NEW YORK The Loudest」、第2弾は2011年4月より渋谷慶一郎氏による音楽の公開制作「MASSIVE LIFE FLOW」を開催した。

■ホンマタカシ「Seeing Itself<建築写真編>」
 住所:東京都渋谷区恵比寿南2-18-3キョウデンビル2階 ギャラリーここ
 会期:2011年4月30日〜5月15日
 営業時間:12:00〜18:00
 トークショー:5月8日14:00〜16:00予定

 http://www.gallery-koko.com/