人気ライトノベル作品全25作品のパネルが並べられ、そこに応援コメントを書いた用紙をはるとポストカードなどの特典をゲットできる「ライトノベルパネル展 応援コメントつぶやいて!」という企画が「マチ★アソビ vol.6」にて行われています。

「マチ★アソビ vol.4」でも電撃文庫の作品のパネルを掲示して同様の企画が行われましたが、今回は「電撃文庫」のほかにも「富士見ドラゴンブックス」「富士見ファンタジア文庫」「スニーカー文庫」「ファミ通文庫」といった5レーベルの作品が出展されています。

会場の様子は以下から。「ライトノベルパネル展 応援コメントつぶやいて!」の会場はポッポ街セントラルビル5階。巨大なチタン製「ロンギヌスの槍」展示と同じ会場です。


上の写真の看板が出ているアニメイト徳島店前の階段を上っても会場にたどりつけますが、そうするとこのパネルの裏側に出てしまうので、商店街東端のエレベーターを使った方がスムーズかもしれません。ちなみにこれらのパネルは「マチ★アソビ vol.4」で開催された「電撃文庫に応援コメントをつぶやいて!」にて使われた物です。


今回は電撃文庫に限らず各レーベルの人気作に応援メッセージを寄せる「ライトノベルパネル展 応援コメントつぶやいて!」という企画です。


南海ブックスか南海ブックス2号店で対象のライトノベルを購入すると、購入した文庫のレーベル用の応援コメント用紙がもらえるので、それを持ってこの特設会場を訪れ、そのレーベルの作品のパネルにはりつけていくと、各作品のイラストが描かれたポストカードや、「サクラダリセット」の書き下ろし特別編ペーパーがもらえるというシステム。


イベント会場でも文庫の販売が行われているので、別の展示を見に来たついでに参加することもできます。


いくつかの展示を同じ部屋で行っていたこともあって、会場はなかなかのにぎわいを見せていました。


それでは、今回パネルが用意されている作品群を挙げていきます。まずは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」。


こんな感じでコメントを書いてはっていくわけです。


「電波女と青春男」


「C3 -シーキューブ-」


「ゴールデンタイム」


「神様のメモ帳」


「アクセル・ワールド」


「ロウきゅーぶ!」


「さくら荘のペットな彼女」


「とある魔術の禁書目録」


「境界線上のホライゾン」


「デュラララ!!」


「ソード・ワールド2.OリプレイfromUSA」


「ソード・ワールド2.O 新米女神の勇者たち」


「生徒会の一存」


「ハイスクールD×D」


「いつか天魔の黒ウサギ」


「これはゾンビですか?」


「ダンタリアンの書架」シリーズ


「涼宮ハルヒ」シリーズ


「R-15」シリーズ


「サクラダリセット」シリーズ


「犬とハサミは使いよう」


「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち」


「夢魔さっちゃん、お邪魔します。」


「文学少女」シリーズ


本日16時までこの会場でイベントは行われているので、自分の愛読書のパネルが上記ラインナップ内にある「マチ★アソビ」参加者はぜひ会場に行ってみてください。

・関連記事
熱い応援メッセージでポストカードをゲット、「電撃文庫に応援コメントをつぶやいて!」 - GIGAZINE

「とらドラ!」「とある魔術の禁書目録」など電撃文庫の代表作イラストがずらりと並んだ「DENGEKI BUNKO展」 - GIGAZINE

「とある魔術の禁書目録」と「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のラッピングバスがマチ★アソビに登場 - GIGAZINE

記事全文へ