ニールセンが2011年1月~3月に行った調査によると、今後1年以内に新しいスマートフォンを購入しようとしている米国の消費者のうち、31%が「Android」搭載のものを欲している事がわかった。これに対し、「iPhone」を選ぼうとしている消費者は30%。「BlackBerry」は11%。どれにしてよいかわからない消費者が20%もいた。

上り調子の「Android」実は2010年7月〜9月の段階では、33%が「iPhone」に興味を示し、26%が「Android」搭載フォン、13%が「BlackBerry」を好んでいた。たった3カ月で、消費者の嗜好が「Android」に傾いたようである。

なお、今回の調査では、「Windows」搭載のスマートフォンが7%から6%と人気を落とし、「Symbian」に至っては、今にも存在がなくなりそうである。

昨年末は、携帯のユーザーがスマートフォンにアップグレードした時に搭載したいOSとして、「iOS」と「Android」が人気を二分していたというのに、今年の第1四半期では、「Android」がトップに輝いている。

この傾向は販売動向にも表れており、2011年3月の調査では、過去6カ月に売れたスマートフォンのうち、半分が「Android」搭載のもの、25%が「iPhone」、15%が「BlackBerry」となっている。

「Android」の勢いは、日を追うごとに増していると言えるだろう。

▼外部リンク

Android
iPhone
BlackBerry



■関連記事
人気の鉄道アプリ『My Railway』、ゴールデンウィークセールで75%OFF!
iPhoneでみるチラシの魔力
プラネックスがiPhone/iPadなどで使えるタッチペン2タイプを発売
ハンズフリー通話もOKな車載用Bluetoothスピーカがサンワサプライから
Androidも移動履歴が自動で残る?開発者リーク