モデル100名 35ブランド参加「RUNWAY for JAPAN」開催決定

写真拡大

 ファッションモデルとファッションデザイナーがひとつになり、東日本大震災の被災地支援を行うチャリティー・ランウェイプロジェクト「RUNWAY for JAPAN(ランウェイ フォー ジャパン)」が始動した。5月15日、東京・代々木の文化学園「遠藤記念会館大ホール」にて、100名以上のモデルと35以上の日本ブランドによるチャリティーファッションショーを開催する。

モデル100名RUNWAY for JAPAN開催の画像を拡大

 3月11日に発生し大きな被害をもたらした大地震の翌日、ひとりのモデルによる「モデルとして何か支援できることはないのか?」という一言がきっかけとなり、その思いの輪が広がって「RUNWAY for JAPAN」が発足。これまでにも数々のファッションイベントを手がけてきたSIX INCH inc.代表の古川史朗氏や、ファッションデザイナー小篠ゆま氏、ファッションプロデューサー仲将智氏、そしてモデルのTatsuya Lacey、Katie Sachi Yamashita Huggins、Karl Asobu Ringらが中心となり、プロジェクトが始動した。制作運営スタッフは全てボランティア。被災地の復興支援と、日本の夢と希望を取り戻す事を目的に、多くの賛同を得てチャリティー・ファッションショーの開催が決定した。

 参加が決定しているのは、「AGURI SAGIMORI(アグリ サギモリ)」、「fur fur(ファーファー)」「HANAE MORI(ハナエモリ)」「HIROKO KOSHINO(ヒロココシノ)」、「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」、「Yukiko Hanai(ユキコハナイ)」など、日本を代表するファッションデザイナーや日本を拠点とする35以上のブランド。「遠藤記念会館大ホール」を会場に、ファッションショーやアーティストライブ など様々な内容が企画されている。入場は当日券のみで、一般は一口3,000円、学生は一口2,000円の寄付制。入場寄付金や物販売上金、募金などによる収益は、復興支援金として福島県災害対策本部(福島県庁)に寄付を予定しており、ファッションを通じて日本の復興に貢献するべく多くの支援を募る。

■RUNWAY for JAPAN
 日時:2011 年 5 月 15 日(日) 15:00(14:00 開場)
 場所:文化服装学院 遠藤記念会館大ホール (渋谷区代々木 3-22-1)
 後援:一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構 /
    東京ファッションデザイナー協議会 / 文化服装学院
 内容:チャリティー・ファッションショー / 支援者ゲストスピーチ
    アーティストライブ / スタッフ T シャツ製作、販売
 来場者:プレス、一般、学生、被災地都内避難者 1,000 名予定
 入場寄付金:一般 1口 ¥3,000
       学生 1口 ¥2,000 ※学生証提示
       ※当日券のみ ※被災地都内避難者は招待
 http://www.runwayforjapan.com/

■参加ブランド(4/27 現在)
 A DEGREE FAHRENHEIT、AGURI SAGIMORI、AKIRANAKA、aptform、araisara、A(LeFRUDE)E、FEMME FATALE、fur fur、gene par YUKIO MISHIBA、Giacometti、GUT'S DYNAMITE CABARETS、HAN AHN SOON、HANAE MORI、HIROKO KOSHINO、HISUI、IZREEL、Jazzkatze、JUNKO KOSHINO、Kyoji Maruyama、KYOKO HIGA、Lily、MARIKO KOHGA、MICHIKO KOSHINO、MODE ACOTE、Naoshi Sawayanagi、No,No,Yes!、Obelisk、RYOTA SHIGA、TAKEZO TOYOGUCHI、T・H・D maison、VANQUISH、YASUYUKI ISHII、Yukiko Hanai、YUMA KOSHINO、Zeitgeist