復興構想会議の「匿名議事録(議事要旨)」公開スタートしています

写真拡大

復興構想会議の「匿名議事録」が公開されました。この「匿名議事録」ですが正式には「議事要旨」と呼ばれています。

第1回東日本大震災復興構想会議(平成23年4月14日) 議事要旨
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kousou1/youshi.pdf

第一回は、主に会議の進め方について話し合われた、ということがわかります。

議事要旨は通常、会議の2週間後に公開される予定ですが、第一回分の公開は予定の4月28日(金)から数日遅れました。この点について内閣府にたずねたところ、以下のような回答でした。


取材日:5月2日(月)午前

記者:さきほど見たところ復興構想会議第一回分の議事要旨が公開されているが、これはいつ公開されたのか。

内閣府:4月28日(金)に公開した。

記者:28日の何時に公開したのか。28日に復興構想会議の目次ページをはじめ、発表される可能性のあるページはひととおりチェックしたのだが、みつからなかった。今朝(5月2日)確認したところ、目次ページが更新されてはじめて議事要旨を確認できる状態となっていたのだが。

内閣府:28日の17時に公開した。実は一旦公開したのだが、システムエラーが発生し、指摘のような状態となっていた。

記者:議事要旨のファイル自体はアップロード済だったが、目次ページの更新がうまくいかずに、リンクされていなかったということか。

内閣府:そのような状態となっていた。

記者:第2回は4月23日(土)に開催されたので議事要旨の公開は5月7日の予定だが、予定通りに公開できそうか。

内閣府:そのつもりだ。

(以上、やりとりの要約)

――要するに、ファイルはアップロードしていたけど、目次が更新されていなかったということらしい……。

■関連記事
復興構想会議の「匿名議事録」が予定日が来ても公開されていないのはなぜ?
まだあった!隠された世界版「WSPEEDI」の情報など――内閣官房参与小佐古敏荘氏の辞意表明から読み取れる多くのこと
私たちに何も知らされないまま、放射性物質は拡散していた―― 隠されていたSPEEDI情報やっと公開文部科学省「20キロ圏内空間放射線量率」データ公開が遅れた本当の理由
米空中測定システム、ヘリや固定翼機の動画公開「なぜか海外から来る放射線汚染情報の不思議」