この季節、さまざまな色に出会います。澄んだ青空の青、芽を出した葉の緑、桜や山吹、ハナミズキなどの木々の花、花壇に咲くチューリップやパンジー、ビオラなどのカラフルな花々。普段なにげなく歩いている道の片隅にタンポポの黄色を見つけると、それだけで思わず顔が微笑んでしまいます。
『色』はあらゆるところで目にすることができます。たとえば家の中でも床、壁、天井、ソファーや椅子、テーブルなどの色、さらにはクッションの色、テーブルクロスの色、ランチョンマットの色など。普段、なにげなく接している物のほとんどには『色』がついているのですが、実はそれをあまり意識していないのではないでしょうか?

そしてもちろん、私たち自身にも色があります。それは、誰でも生まれながらに持っている肌の色、瞳の色、髪の色など、その色は人それぞれ違います。人の第一印象はほんの数秒で決まると言われています。誰しも自分は相手にいい印象を与えたいと思います。自分の生まれながらに持っている色と調和した色を身につけると、顔がいきいきとして輝いて見えます。これが「パーソナルカラー」です。服装だけでなく、メイク、ネイル、ヘアカラー、男性ならスーツ、ネクタイ、シャツの色の組み合わせ。人にいい印象を与えるためには、この色の知識がとても役にたちます。色があなたの味方になるのです。
似合う色のインテリアに囲まれると、明るく、若々しく魅力的に。たとえば、ベットルームのリネンの色、リビングのカーテンの色。キッチンの壁の色やシステムキッチンの色を、自分の似合う色に合わせれば心地よい空間となり、美しく、楽しく働く姿に見えることでしょう。

色というのは不思議なものです。オレンジ色は人を元気に明るくしてくれますし、「青」といってもさまざまな青があります。隣に並べた色によって、その見え方が変わります。色のこのような色の魅力と不思議、そして活用法などをこれからお伝えしていきたいと思います。ぜひ、あなたのインテリアに色の魔法をかけてみてください。