<フェザー級/5分3R>
パブロ・ガーザ(米国)
Def.1R4分1秒 by 三角絞め
イーブス・ジャボウィン(カナダ)

長身のガーザの周囲を回るようにして、打撃の機会を伺うジャボウィン。ローを蹴り込むが、ガーザも強烈な右ローを蹴り返していく。ガーザは一気に距離を詰めて、左右のストレートを打ち込み、首相撲からヒザをボディに突き上げる。

そして、その直後。首を固めたまま、ジャンピングトライアングルへ。下からのエルボーを連打し、ジャボウィンの前転に合わせて、そのまま両足を絞めつける。懸命に首を引抜こうとしていたジャボウィンだったが、タップアウト。トロント大会は、サブミッション・オブ・ザ・ナイト獲得間違いないガーザの一本勝ちで始まった。