【バーゼル新作情報】オメガが 『シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ』を発表
omega_po600m.jpg2011年3月24日〜31日、スイスで開催されたバーゼルワールドにて、OMEGA(オメガ)は『シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ』を発表しました。

高い耐久性と機能性を同時に実現する新しいムーブメントを搭載したモデルで、2011年10月に発売予定です。

(写真は『シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ』924000

『シーマス ター プラネットオーシャン クロノグラフ』に搭載される新しいムーブメント『キャリバー9300』は、高い耐久性と機能性を同時に実現するために、開発に6年を費やした新しいムーブメントです。『オメガ』独自の脱進機である「コーアクシャル」が2層構造から3層構造になったことで、効率的なエネルギー伝達と安定した計時性能を備えています。また、クロノグラフの作動を制御する「コラムホイール」も3層構造を採用しています。これは誤作動、衝撃にからクロノグラフ機構を守る、いわばクロノグラフの保護機能です。さらに、シリコン製ヒゲゼンマイも搭載。シリコンは非磁性のため、磁場の影響されない上に、耐久性が非常に高く、劣化しにくいのが特徴です。これが4年間という非常に長い保証期間が与えられている理由なのです。


omega_po6004.jpg『シーマスター プラネットオーシャン600m クロノグラフ』(チタンケース&ラバー)86万1000円


海外に行かれる機会の多い方には、時計を止めずに、時針だけを動かして、時間調整ができる「タイムゾーンファンクション機能」という便利な機能を搭載。また、60時間パワーリザーブなので、週末に着用していなくても、月曜の朝に時刻合わせをする必要がありません。

さらには、クロノグラフの表示方法も認識しやすいデザインに変更されています。12時間計と60分計が一つになり、窓が3個から2個になりました。これによってスタートボタンを押してから、何時間、何分か、というのが、1つのサークルを見るだけで分かります。


omega_po600m7.jpg2色のスーパールミノバ(発光塗料)を使用


そして注目すべきは、600m防水性能。ダイバーが潜っているときに、時刻(青)、潜ってからの経過時間(緑)が一目で分かるよう、2色のスーパールミノバが施されています。さらに、防水ながら裏蓋はシースルーになっており、600m防水のモデルに採用されるのは『オメガ』では初めてで、着脱のたびに機械の世界を垣間みることができます。

ベゼルには、セラミックと、ステンレスの3倍の硬度を持つ「リキッドメタル」を使用。高硬度で耐傷性・耐腐食性に優れるため、海水など外的環境にさらされるダイビングウォッチのベゼルに用いるには、理想的な組み合わせです。また、ケース&ブレスレットのチタンは、これまでの『オメガ』のチタンウォッチに使われていた「グレード2」から「グレード5」となっており、色が明るく、クオリティの高い質感があります。