ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は28日、インタラクティブ・メディア部門のディズニー・インタラクティブ・スタジオが、2011年7月14日(木)にニンテンドーDS専用ゲームソフト「ティンカー・ベルと妖精の家」を発売すると発表した。

 「ティンカー・ベルと妖精の家」は、ディズニーの人気キャラクター「ティンカー・ベル」の世界が体験できるDSゲーム待望の第3弾。映画とは異なるオリジナルストーリーで展開する同作では、プレイヤー自らが“伝説のユリ”を咲かせる物語の主人公となり、ティンカー・ベルたちと力を合わせて、妖精の世界に“真夏の奇跡”を起こしていく。

 作品中、プレーヤーが「伝説のユリを咲かせる」まで、美しく咲かせた花でドレスを作って着せ替えを楽しんだり、お菓子作りや動物の世話など、妖精たちの生活が満喫できるなど、バリエーション豊かなミニゲームが多数備わった。(編集担当:金田知子)



■最新記事
GW直前、節電に配慮も、ディズニーシーも営業再開
肌研「白潤薬用美白化粧水」ディズニーデザインボトルが限定登場
東京ディズニーランド、15日運営再開を決定
モバゲーでディズニーのテーマパーク育成ゲーム
上海ディズニー本格着工へ 経済効果は年2080億円