ヤフー 電気の使用状況を予測する『電気予報(ベータ版)』を公開

写真拡大




ヤフーは、電力の使用状況を予測する『電気予報(ベータ版)』を公開しました。東京電力発表の使用状況グラフの実績と日本気象協会発表データをもとに『Yahoo! JAPAN』が独自の集計方法で算出したもの。「向こう24時間の推定電力使用状況』と『1週間先までの推定最大電力使用時間帯および使用率予想』を知ることができます。

天気予報ならぬ”電気予報”が『Yahoo! JAPAN』に登場しました。同サイトでは、3月22日より東京電力発表の使用状況の情報をグラフ化、『東京電力の電力使用状況メーター』をトップページ等に掲載してきました。しかし、このメーターは「今現在の使用状況」に基づいているため、情報掲載までに最大1時間20分程度の遅れが生じてしまい、「リアルタイムでの電力使用量を知りたい」という声に応えることができませんでした。

そこで、より効率的な節電対策や準備ができるサービスとして『電気予報(ベータ版)』を開発。今後は、随時予報を更新していくほか、節電アドバイスも掲載予定です。このほか、『節電情報』ページでは、東京電力および東北電力が提供する『計画停電に関する情報』『停電前後に注意すること』なども掲載。『電気予報(ベータ版)』は、Yahoo!デベロッパーズネットワークでAPI公開もスタートしています。

東京電力は、被災した火力発電所の復旧などにより、今夏の電力供給量について当初予想していた4500万Kwから5500万Kwまで増やせる見通しを発表していますが、昨年夏のピーク時の6000万Kwにはまだ不足している状態。真夏の計画停電実施の可能性はまだ残っています。この夏、どんなときに、どうやって節電するのが効果的かを確かめるうえで、『電気予報(ベータ)』は参考になりそうですね。

Yahoo! JAPAN『電気予報(ベータ版)』
http://setsuden.yahoo.co.jp/denkiyoho/
『Twitter』アカウント「@Yahoo_DenkiYoho」でも電気予報を発信中。
※画像は上記サイトより引用。

■関連記事
【節電アイデア】始めるなら今! 真夏のエアコンを20%以上省エネできる“緑のカーテン”
【節電アイデア】待機電流をオフしたときの節電量がわかるアプリ『節電大作戦』
もう真夏の防災対策? LEDライトとFMラジオを搭載した充電式扇風機『circ-001』
『iPhone 4』ホワイトモデルついに登場! 『iPad 2』と同時に本日より発売
『iPad2』発売に合わせ日本通信がデータ通信microSIM『b-mobile Fair』とモバイルWi-Fiルーター発売へ