集英社ミュージアム『GANTZ展』の会期を6月30日(木)まで延長
集英社神保町3丁目ビル内1階「集英社ミュージアム」で2011年1月から開催されている『GANTZ展』の会期が6月30日(木)まで延長されることが発表となった。
会期延長にあわせ、これまでの展示内容に加え、2011年1月29日に公開された映画『GANTZ』で主人公・玄野たちと対峙した千手観音の、撮影で使用された造形物が新たに展示される。今回の会期延長は、4月23日(土)から全国東宝系で公開された、映画『GANTZ PERFECT ANSWER』のヒットを受け実施されるもの。

新たに展示物に加わる「千手観音像」を始め、複製原画や、GANTZスーツなど貴重な関連アイテムが多数展示されている。

【展示内容】
●千手観音像
(原作・映画ともに仏像編のボスキャラクター。映画内においては無数の手にガンツスーツすら簡単に切り裂く強力な剣を携えて、縦横無尽な斬撃を繰り出す。映画では、実際に千手観音の造形物を製作し、それをCGと組み合わせる手法で非常にリアルなバトルシーンが作り出された。今回展示されている千手観音は、実際の撮影で使用された造形物)
観音

●『GANTZ』複製原画 28巻 収録0304話 全28ページ完全展示
展示

●2m×3mの超巨大GANTZイラスト
(エルメス財団が主催した、気鋭建築家ディディエ・フィウザ・フォスティノ氏による展覧会「Agnosian Fields」展のために、同氏のオファーを受けて描き下ろされた特別イラスト)

●映画『GANTZ』プロップ展示:GANTZスーツ、GANTZ球、武器各種
(展示されているGANTZスーツは、映画『GANTZ』で実際に主演の3人が着用したもの。実際のアクションによってついたキズが確認できる。またスーツを着せたマネキンは、主演の3人の体型を忠実に再現したもので、この展示のために作ったオリジナル品)
スーツ

●映画トレーラームービー

●原作『GANTZ』メイキングムービー

【会期】
2011年6月30日(木)まで。9時30分から17時30分まで(平日のみ)

【会場】
集英社神保町3丁目ビル「集英社ミュージアム」
(東京都千代田区神田神保町3-13 神保町3丁目ビル 1階)

【関連WEBサイト】
GANTZ展 http://yj.shueisha.co.jp/info/gantz/
週刊ヤングジャンプ http://yj.shueisha.co.jp/



■関連記事
ノイタミナ放送中のアニメ「C」、最終話登場の声優を一般公募
韓国NHNとNHN Japan、新作オンラインゲーム8タイトル発表
【おた日和】第五十七話 行ってきます
【スマート・フォン調査】男性はビジネス重視、女性は娯楽・情報重視
【特撮映像館】Act/64 帝都物語