演劇界の人気“イケメン”たちが恵比寿で「イオメン」にっ?!
「ROCK MUSICAL BLEACH」、「キャラメルボックス」、「アクサル」、「スタジオライフ」。
それぞれの場所で主役を張る演劇界の人気俳優陣が「イオメン 〜イケてる・オトナ・メンズ〜」として、劇団ブラジルのブラジリィー・アン・山田自ら脚本を改訂した『さよならまた逢う日まで』プロデュースバージョンの5月4日からの公演にこぞって出演する。会場は恵比寿・エコー劇場。作品は、2008年に劇団ブラジルの本公演として上演され好評を博した、大人の愛憎クライム・ストーリー。
脚本を<ブラジリィー・アン・山田>自らが、2011年プロデュース版として脚色している。

イケメンビジュアル
写真:左上<倉貫匡弘> 右上 <畑中智行> 左下<林 修司>  右下<三上 俊>

初代『ROCK MUSICAL BLEACH』メンバー<倉貫匡弘><佐藤美貴><林 修司>に、アクサル<柄谷吾史>、キャラメルボックス<畑中智行>、スタジオライフ<三上 俊>が参戦。
さらに、クセ者<中村哲人>、今回が初舞台となる<鈴木 凜>、そして、文学座<櫻井章喜>、と魅力実力あるキャストが揃う。

演出は、広告代理店でキャンペーンプランナーとして活動する異才、[JACROW]の<中村暢明>。
さらに、各公演終了後には、日替わりキャストによるアフタートークと、全キャストによるイベントも実施される。

【Story】
強盗に失敗し、ひとりで罪を被った男が、4年の服役を終え、出所してきた。それから間もなく。
男は、昔の仲間と新しいメンバーを集め、新たな計画を実行しようとするが…。
「これが永遠の別れだとしても、さよならは言わない。また逢う日まで」

【公演】 さよならまた逢う日まで
【日程】 2011年5月4日(水)〜8日(日) 
【会場】恵比寿・エコー劇場
【脚本】 ブラジリィー・アン・山田(ブラジル) 
【演出】 中村暢明(JACROW)
【出演】 柄谷吾史(アクサル)、倉貫匡弘、櫻井章喜(文学座)、佐藤美貴、鈴木 凜、中村哲人、畑中智行(キャラメルボックス)、林 修司(ルドビコ★)、三上俊  (50音順)
【チケット】 応援シート ¥5,200 ※特典付き前方「S」席 |全席指定  ¥4,200(前売)*当日は300円UP
プレビュー ¥3,500 ※5/4 開演13時プレビュー公演のみ*各券種、全席指定/税込料金です。
【公式サイト】 http://mataauhimade.com/  
【お問合せ】アルゴ 03−3431−9909(平日11時〜18時)
【主催】 ピウス 【企画構成】WPC 【協力】ALGO


■関連記事
韓国NHNとNHN Japan、新作オンラインゲーム8タイトル発表
【おた日和】第五十七話 行ってきます
【スマート・フォン調査】男性はビジネス重視、女性は娯楽・情報重視
【特撮映像館】Act/64 帝都物語
【無所可用】高度なほら話の世界へどうぞ〜別役実のエッセイのおはなし〜