プレイステーションネットワークからクレジットカード情報が漏えいした可能性アリ

写真拡大

2011年4月27日、『プレイステーション3』のソニー・コンピュータエンタテインメントが、緊急告知と謝罪文を掲載して物議をかもしています。プレイステーションネットワークの接続エラーに関係している出来事らしく、産経新聞をはじめとしたマスコミは、7700万人のクレジットカード等の個人情報が流出した可能性があるとしています。

ソニー・コンピュータエンタテインメントが発表したコメントは『PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い』というタイトルで掲載されており、以下はその引用文となります。

<PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い>
“PlayStation Network”および“Qriocity”の障害が継続しており、ご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。このたび、“PlayStation Network”および“Qriocity”に対する不正アクセスにより、お客様のアカウント情報が漏洩していた可能性があることが判明いたしました。
お客様には深くお詫び申しあげます。詳細につきましては、大変お手数ではございますが、下記URLよりご確認くださいますようお願い申しあげます。なお、アカウント登録されているお客様へは順次メールにてお知らせを送らせていただいております。本件に関する追加情報やサービスの復旧時期などが判明した場合には、当サイト等を通じて継続的にお知らせしてまいります。お客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを重ねてお詫び申しあげます。

<漏洩した(不正アクセス者が入手した)とみられるアカウント情報>
お客様がPlayStation®Network/Qriocity™に登録した、氏名、住所、Eメールアドレス、生年月日、PlayStation®Network/Qriocity™パスワード、PlayStation®NetworkオンラインID。

<以下の情報につきましても不正アクセス者が入手した可能性があります>
購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ、サブアカウントに関する上記情報(お客様がサブアカウントを作成されている場合)

なお、お客様がPlayStation®NetworkまたはQriocity™にクレジットカード情報を登録されている場合、登録されているクレジットカード番号(セキュリティコードを除く)および有効期限に関する情報が不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできませんが、現時点ではそのことを示す形跡は見つかっておりません。
※ソニー・コンピュータエンタテインメント公式サイトより引用掲載しました

けっこう事態は深刻のようです。プレイステーションストア等でクレジットカードを使ってゲームや映画などを購入したことがある人、もしくはクレジットカードを登録したことがある人は、場合によってはクレジットカード情報を悪用される可能性があるということになります。

クレジットカードの番号を新しいものにする必要があるかも? 一部のクレジットカードやデビットカードは海外から利用できないようにする機能がありますので、そういう防犯対策が可能かと思われます。

画像: ソニー・コンピュータエンタテインメント公式サイト

■関連記事
猫を売買するのは、そろそろやめたほうがいい
「エサがないニャ〜困ったニャ〜」と飼い主に伝える猫
見ているだけで癒やされる「雪ではしゃぐニャンコ動画」
ネットユーザー大絶賛! 「転がりっぷり」に定評のある猫
ブルブルふるえるダイエットマシーンの上で寝る猫がカワイイ