「第35回日本ホビーショー2011」(主催:(社)日本ホビー協会)は、4月27日、東京ビッグサイトで開幕した(同時開催:第4回ホビークッキングフェア)。「楽しさ広がる。好き深まる。」をテーマに、ありとあらゆるホビーを一堂に集めた同展は、業界が消費者の生の声を直に聞ける“B to C to B”の見本市として注目されているが、今回も初日から、様々な年代の女性たちが来場。通路の奥が人の頭で見通せない大変な盛況ぶりで、不景気や震災の影響を全く感じさせない熱気が感じられた。
今回は、四つのEXPOの一つとして、「ガールズDIY・ホームデコEXPO」が登場。電動工具をつかいこなす “木工Girls”のみならず、アーク熔接で鉄のアートづくりにチャレンジする女性たちの姿も。また、主婦と生活社のブースでは、佐藤貴予美さんがガールズDIYの実演を行った。「オンライン インテリアビジネスニュース」(別項)のクローズアップインタビューにもご協力頂いた佐藤さん、今日は特設ステージで行われたトークショーに、ニットの貴公子・広瀬光治さんに続いて登場し、女性がDIYに取り組む上でのポイントなどを解説した。
「第35回日本ホビーショー2011」は4月29日(金・祝日)まで。