韓国政府は日本との衝突に備え、2018年から竹島(韓国名:独島)に近い郁陵島(ウルルンド)に最新式のFFX型護衛艦を配備することを検討している。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 郁陵島の港湾拡張工事終了後に、FFX型護衛艦の配備を進めるものとみられる。韓国政府の関係者は、「日本が竹島の主権を主張するなか、郁陵島と竹島付近の海域が危険にさらされる可能性があるため、郁陵島への軍艦配備が必要だ」と説明。「FFX型護衛艦は主に東シナ海、西シナ海、南シナ海のパトロールと護衛任務を行っており、必要な時には警戒艦や機動部隊を守る役目を果たす」という。報道によると、韓国の現代重工工業がFFX型護衛艦の建造を担当しており、1号艦は2012年に導入、すべての戦艦が2018年に完成する予定。

 韓国海軍がFFX型護衛艦を「竹島」から49海里しか離れていない郁陵島に長期的に配備した場合、「竹島」はFFX型護衛艦の長期監視範囲に入ることになる。同艦の排水量はそれほど大きくはないが、機動性に富み、航速が速く、艦砲や対艦ミサイル、対空ミサイルなどの兵器を装備し、ある程度の制海・制空能力のほか、日本海上保安庁の巡視船を上回る火力を備えている。将来、FFX型護衛艦が日本の巡視船と対立した場合、韓国海軍の底力をより発揮することができる。(編集担当:米原裕子)



■最新記事
韓国「警備強化せよ」 日本が大震災でも竹島に巡視船派遣
日本の竹島領有権主張の対抗措置として、護衛艦を配置―韓国
領土議連が竹島問題で韓国に抗議…韓国「日韓関係に水差す」
細田氏の「韓国の支援の受け取りを拒否」発言に批判の声=竹島問題
日本の尖閣諸島に学べ! 韓国の与党議員が竹島の「民間分譲」を提案