原哲夫10年ぶりの新作発売を記念したドラマCMがYouTubeで公開!

写真拡大


月刊漫画雑誌『コミックゼノン』に連載中の漫画を元に制作した短編ドラマCMが、『YouTube』で公開され密かに注目を集めている。

第1作品目は、北条司の『Angel Heart 2ndシーズン』をモチーフにした作品で、同作品の単行本創刊を記念して、3月に短編ドラマCMが公開された。そして今回、原哲夫が10年ぶりに手掛けた新作『いくさの子-織田三郎信長伝-』のコミック第1巻が5月20日(金)に発売されるのを記念して、漫画の世界観を元に制作した短編ドラマCMが制作され、『コミックゼノン』発売日にあわせて4月25日(月)より公開されている。

コミックゼノンCM「今ならわかる」90秒ショートバージョン

“父と子の愛”というテーマに沿って作られたドラマCM『今ならわかる』は、『黄昏流星群・星のレストラン』などの富岡忠文監督や、映画『軽蔑』や現在放映中のTBS金曜ドラマ『生まれる。』に出演している新人・淵上泰史、そして父親役にはベテラン俳優のベンガルといったキャストが参加。そして前作に引き続き、YUKI、中島美嘉、flumpool、Superfly、FUNKY MONKY BABYSなどを世に送り出すクリエイター集団agehaspringsが音楽を担当するなど、かなり本気度の高いドラマCMに仕上がっている。



■ 参考サイト
コミックゼノン公式HP