ソニーが初代プレステタイトルも遊べるAndroid 3.0タブレット『Sony Tablet』2機種を発表

写真拡大




ソニーは、Androidタブレット『Sony Tablet』2機種を発表しました。今秋以降、全世界で順次発売します。コードネーム『S1』は9.4型のタブレット、コードネーム『S2』は5.5型ディスプレーを2面搭載した折りたたみ型タブレット。初代『プレイステーション』のタイトルを遊べる『PlayStation Suite』にも対応します。

『S1』は、重心を片側に寄せた偏重心デザインを採用。9.4型ディスプレーを搭載した本体を片手でも安定して持てるほか、持ったときの軽量感に優れているとのこと。赤外線機能により、『ブラビア』などの機器のリモコンとしても利用できます。

『S2』は、5.5型ディスプレーを2面搭載し、折りたたむことでコンパクトに携帯できるデザインを採用。2面のディスプレーを1画面として大きく表示する、表示画面と操作画面を分ける、片方にソフトウェアキーボードを表示するなどの利用法を提案しています。

いすれもOSはタブレット用の最新OSであるAndroid 3.0を搭載。スマートフォン『Xperia PLAY』に搭載している『PlayStation Suite』をタブレットで初めて搭載し、初代『プレイステーション』のタイトルなどをダウンロードして遊べます。ソニーのネットワークサービス『Quriocity』によるビデオや音楽コンテンツ配信、オンラインブックストア『Reader Store』による電子書籍の配信を予定。DLNAによりテレビなどの機器に接続し、タブレット上のコンテンツを大画面で再生したり、音楽をワイヤレススピーカーに出力するなど、AV機器との連携機能も搭載します。

■関連記事
東芝がAndroid 3.0搭載の『レグザタブレット AT-300』を6月発売へ
KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表
日本通信が安価なAndroid 2.2タブレット『Light Tab』を3月4日発売へ
KDDIがAndroid 2.2搭載の7インチタブレット『SMT-i9100』を3月11日に発売へ
ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表