テザリングも可能 フルキーボードとAndroid 2.2搭載の『LifeTouch NOTE』 3Gモデルが4月27日発売へ

写真拡大




NECは、7型タッチパネル液晶とフルキーボードを組み合わせたAndroid端末『LifeTouch NOTE』の3G接続に対応したモデル『MA75F/1A』を4月27日に発売することを発表しました。

Androidスマートフォンの使い勝手とノートパソコン(PC)の入力のしやすさを両立し、両者の中間となる“スマートブック”と呼ばれるカテゴリーの製品。OSにはAndroid 2.2、プロセッサには1GHz、デュアルコアのNVIDIA『Tegra 250』を搭載し、『Flash Player 10.2』にも対応します。Googleが運営するアプリマーケット『Androidマーケット』とNECビッグローブが運営するアプリマーケット『andronavi』からアプリをダウンロードしてカスタマイズが可能。

『MA75F/1A』は、従来機種のWi-Fiによるインターネット接続機能に加えて、『FOMAハイスピード』による3G回線によるインターネット接続に対応。利用には別途NTTドコモと契約が必要になります。端末をWi-Fiルーターとして利用できるテザリングにも対応。最大8台までのWi-Fi対応機器をインターネットに接続できます。

『MA75F/1A』の仕様として新たに発表された項目は次の通り。重量は約723g。バッテリー駆動時間は動画再生で最長約8時間、ホームページ閲覧で最長約6.5時間、『YouTube』動画連続再生で最長約5.5時間。充電時間は約4時間です。

■関連記事
注目は3Gモデル 最強のキーボードを搭載したAndroid端末『LifeTouch NOTE』製品レビュー
3月10日発売 フルキーボードとAndroid 2.2を搭載するNECの“スマートブック”『LifeTouch NOTE』駆け足レビュー
ソフトの拡張性がヒットのカギ? Android搭載のユニークなノートPC『dynabook AZ』製品レビュー
ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー
NECビッグローブが『andronavi』でAndroidアプリの独自マーケットに本格参入 その意味と可能性は