蒼井そら 村上淳ら出演 映画『スリー☆ポイント』山本政志監督インタビュー「映画は自由だ!」(1/2)

写真拡大




『てなもんやコネクション』『闇のカーニバル』など、独特の世界観と繊細な感性で国内外から高い評価を受けている山本政志監督が、2011年5月に新作『スリー☆ポイント』を公開する。京都、沖縄、東京を舞台に、監督のまなざしの赴くままに撮られたこの映画は、観る人の心を自由な旅に連れていってくれる――ただ、映画館のシートに座っているだけで。なぜなら、監督自身がものすごく楽しんで映画を撮っていることがビシビシ伝わってくるからだ。『スリー☆ポイント』をめぐる山本政志監督インタビュー前編。

映画『スリー☆ポイント』撮影中のひとコマ
・思い立ったらすぐ撮れる、思い切り自由な映画作りをしたかった

――『スリー☆ポイント』は“超インディーズ”で制作されたそうですね。
山本政志監督(以下、山本):映画作りでは、企画を立ち上げてからいろんな会社と制作費集めの交渉にすごく時間がかかるし、あげくの果てにボツになることもあります。その間、プロデューサー任せで監督はただ待っているだけ。なんだか映画がすごく遠ざかるしストレスもたまるんだよね。もう、そういう映画作りに疲れちゃって。すぐに撮りはじめたかったし、映画産業のなかでは絶対にできない自由な映画作りをしようと思いました。今回の企画が「ちょっとキビシイ」ということになったのが2010年5月頭くらい、最初の撮影地・京都に行ったのは5月末でした。

――早い! 思い立ってから行動開始まで1か月もかかっていませんね。
山本:うん。で、まずは即興でやってみようと。映画を撮りながら自分の流れのなかで、現場で思いついて変えていくことはあるけども、完璧に即興で撮るのはやったことがなかったので。「まったく徹底して何も考えずにやろう」ということを足かせにして、まったくゼロからやってみようと思いました。

――京都、沖縄、東京という撮影地はどうやって選んだんですか?
山本:京都は林海象(映画監督)がいて「遊びに来なよ」と電話をもらっていたし、沖縄は「そろそろいい季節だなあ」って(笑)。東京は地元だから……ということで、この三都市で何かやっちゃおうかなと、かなりいい加減に決めたんです。さらに、三か所の撮影地で撮る内容も、全然関連性なくやっちゃおうと思いました。一人の人間が作るものだから、どんなものをやっても何か通じるものが出てくるはずだから。オレは、テーマ性とかカタチで共通点を持たせて構成するような理知的な映画作りにはあまり面白味を感じないんだよね。そんなものはなくても、いい歳かっ食らってずっと映画をやっていれば、染みついているもんってあるから。

映画『スリー☆ポイント』より
・地元ラッパーたちへの取材を元に描く“スケッチ風ドラマ”
準備に6日間、撮影に3日間。スピーディに撮影された京都篇では、地元ラッパーたちへの取材を元に、虚実をないまぜにした3つのストーリー『アポロとジュン』『シュートとジェイ』『メンションとリサ』が展開する。小さなアパートに暮らす若い男女の行くあてのないやりとり、ドラッグやタトゥーに手を出すアウトローたちのヤバい状況。静かな町を背景に、生々しい彼らの姿がリアルで抒情的なスケッチ風ドラマとして描かれていく。

――京都篇では、ヒップホップがキーワードになっていました。なぜ、今ヒップホップを?
山本:京都に来る2日前、ある芝居の打ち上げで「京都のヒップホップって元気あるのかなあ」って話になって。「ANARCHYがけっこういいよ」と聞いたので『YouTube』で見たらすごく面白かった。で、京都のラインプロデュースを頼んだ柴田剛(映画監督)に電話をして、「ANARCHYに会えるようにしておいてよ。もしかしたらヒップホップかもしれない」と何気なく言ってみたの。
彼らはすごくオレのタイプだったんだけど、ちょうど撮影予定日にライブが入っていて調整がつかなくて。彼らに紹介してもらった人たちと、柴田がリサーチして見つけた人たちのに会っていったら、いい子たちが多いから「これはイケるな」と思いました。

――京都篇のドラマは彼らへの取材を元に作られたそうですね。実写さながらの臨場感がありました。
山本:彼らの周りで実際に起きたことを聴きながらメモを起こして構成案をつくりました。自分の話を自分で演じると面白くないから、シャッフルして違う人の話を違う風に演じることにして。シチュエーションだけ伝えてセリフは一切作らずに、リハーサルを重ねて芝居を作っていきました。でも、基本的にお芝居っぽいのは嫌いなので、芝居をつくりこみ過ぎない微妙なラインで現場に入るようにしましたね。
『メンションとリサ』は、ふたりのできがいいのが見えていたからリハーサルも一切なし。1時間半くらい時間をあげて二人に任せて作らせて、ちょっと見せてもらって「ちょっとここは違うだろう」と作りながら撮ってみたんだよね。すごく面白かった。今までやったことのないことだったからホントに面白かった。だから、沖縄篇はもっとエスカレートしました。ヒップホップも何もなく、オレだけの単独行為に近くなったから。

映画『スリー☆ポイント』より
・こんな人、ホントにいるの!?――沖縄は行きあたりばったりドキュメント
沖縄篇では、即興性をさらに追求。『恩納村』『大宜味村』『高江』『金武町』の4エリアで出会う“おもろい人々”との出会いから、映画が始まっていく。沖縄に流れ着いた元アウトロー、漁師、ヤクザ、海兵隊、ビリヤード場のオヤジ……山本監督は彼らの懐にスルッと入り込んでコミュニケーションし、その場の雰囲気もろともにカメラに収めていく。

――沖縄篇では、監督の知人を訪ねていくところからスタートされたんですか?
山本:そう、向こうで何人か紹介してもらったりとかね。でも、沖縄に行って三日間まったく閃かないし、いろいろ案内してもらっても全然興味が湧かなかったんだけど、あるところで金武という町が「すごくアブナイ、危険だ」と聞いて、絶対そこしかないと思って。オレ、犬みたいなもんだから(笑)。
金武町に行ってみたら案の定すごく面白くて、まず実景だけ撮ろうかなとカメラを回しはじめたら、金武町の冒頭に出てくるまゆ毛のないあいつに出会って、「友達の店だから」ってあのタトゥー屋に入って行った。今、映画になっているあのまんま、あそこからすべてが始まったんです。

――沖縄では、生々しいドキュメンタリー的なライブ感があり、また現れる人たちのキャラクターもすごいパワフルでしたね。特に『恩納村』に出てくる上半身裸の野生人・てっちゃんにはビックリしました。
山本:てっちゃんも面白かったねえ。今みたいな時代に、てっちゃんみたいなキャラクターに出会うと前向きになるよね。撮っているうちにだんだんこの映画全体を通して、人間のもっとポジティブな面が出てくれればいいかなと思うようになってきて。オレも遊びながらやっているし、みんながいいエネルギーをくれるから。

――ときどき聴こえる監督の声がすっごい楽しそうでした。
山本:うん、すっごい面白かった(笑)。やってて自分が試されるじゃん? まったく知らないところに行って、人に適当に話を合わせるわけでもなく、ふつうにやってるわけだから。

――沖縄篇『大宜味村』に出てくるおじさんが「開き直ったら絵になる」って言っていましたね。
山本:そうそうそう。実は、あの人と盛り上がっちゃって延々と呑んだんだ(笑)。あの人は、過去にいろいろある人なんだけど、そういうことは画面上に出すのはやめておいて、あの短いショットだけにしたんだけど、逆に匂いが出るでしょう?(後編につづく)
 
 
映画『スリー☆ポイント』公式ウェブサイト
http://www.three-points.com/
脚本・監督・制作:山本政志
DV/117min./2011
キャスト:村上淳・蒼井そら/渡辺大和(黒猫チェルシー)/小田敬/藤間美穂/BETTY/KOYO-TE/SEVEN/SNIPE/平島美香/藤田直美/てっちゃん/石原岳/青山真治
ラインプロデューサー:柴田剛、山本和生
製作・配給:レイライン
特別協力:林海象、京都造形大学
公開情報:5月7日 京都シネマ先行ロードショー/5月中旬より渋谷ユーロスペース他、全国ロードショー

(C)スリーポイント☆シンジケート
 

 

■関連記事
神様、日給千円!? リアル京都な“陰陽師”アクションムービー『堀川中立売』
「本当に嬉しいよ」 『マチェーテ』主演のダニー・トレホが『みうらじゅん賞』受賞でコメント
金を作ってでも観ておけ! この3本! 『ジャッカス3D』『ザ・ファイター』『トゥルー・グリット』
『冷たい熱帯魚』で話題の梶原ひかり「皆さんに丸裸にされたおかげです」
野郎人気No.1! "狂犬"ジェレミー・レナーが大暴れ! 爆破処理戦争ジャンキーの次はゴロツキだ!