仕事で夢をかなえたい女子が過去最高――こんな結果を、財団法人日本生産性本部が「2011年度新入社員春の意識調査」を実施し、取りまとめて発表した。

 調査によると、「自分には仕事を通じてかなえたい“夢”がある」という設問に対し、「そう思う」とする女性の回答が男性の回答(70.5%)を上回り、過去最高(73.4%)となった。

 また、「海外勤務のチャンスがあれば、応じたい」という問いに対し、「そう思う」とする回答(54.3%)が「そう思わない」とする回答(45.7%)を上回るなど、積極的な回答が目立っている。

 転職に関する設問の中で、「あなたは一つの会社に、最低でもどのくらい勤めるべきだと思いますか?」という問いに対し、4年以上は勤めるべき(「4年〜5年」28.7%、「6年以上」26.3%の合計)とする回答が55.0%となり、こちらも過去最高となっている。

 調査は、同財団の新入社員教育プログラム等への参加者を対象に実施し、有効回答2,185 通(有効回答率97.4%)を得た。

新入社員の理想の上司は池上彰、天海祐希
大卒就職内定状況77% 過去最低水準
厳しい就活 学生の就職志望企業に変化

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。