文部科学省「20キロ圏内空間放射線量率」データ公開が遅れた本当の理由

写真拡大

20キロ圏内の放射線量計測データの一部公表が遅れていた問題で、文科省はガジェット通信からの「他に公表していないデータは存在するのか」という取材質問に対して「ない」と答えた。

また、産経新聞などが「官邸の指示で出さなかった」と報じている問題に関しては「データを出すなという指示があったわけではなく、もっと計測箇所を増やした詳細な調査が必要ではないかという指摘があったということだ」とした。

●一部データの公表が遅かった理由

福島第一原発20キロ圏内の放射線量モニタリング(計測)結果が昨日文部科学省より発表された。その中の計測データは大きく以下の2つにわかれていた。

A.3月30日から4月2日にかけて計測された50箇所分
B.4月18日から19日にかけて計測された120箇所分

Aの調査が行われてから20日程の時間が経過している。確かにこれはおかしい。この点について文科省に質問したところ「最初の調査は、測定ポイントが少なく、情報を面として捉えるには不十分だった。そのため、測定ポイントを増やした次の調査を待って一緒に公開した」との返答だった。言いたいことはわかるが、これらの情報は、その地点のその時点での計測値としては貴重なものなので、このデータが迅速に公開されなかったのは、やはり残念。50箇所調査した時点でそのデータはすぐに公表されるべきだった。「今後はすぐに公表されますか?」ときいたところ「すぐに公表する」との返答だった。

さらに「他に公表していないデータは存在するのか」ときいてみたが、それに関しては「公表していない放射線モニタリングデータは、もうない」とのことだった。昨日公表されたデータですべてらしい。

●「官邸の指示で出さなかった」とは?

この問題、産経新聞などが「官邸の指示で出さなかった」と報じているが、「官邸がデータを出すなという指示を出した」という意味かと思ったら、どうもそうではないらしい。文科省の説明によれば、「もっと計測箇所を増やした詳細な調査が必要ではないか」という指摘があり、そのときはデータを公表しなかった、というのが真相だそうだ。「官邸の指示で出さなかった」という字面そのものは間違っていないが、このままでは「官邸が情報公開にストップをかけた」と解釈をする人が多数だろう。新聞を正確に読み解くのは、なかなか難しい。

福島第一原子力発電所20km圏内の空間放射線量率の測定結果
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305283.htm

■関連記事
米空中測定システム、ヘリや固定翼機の動画公開「なぜか海外から来る放射線汚染情報の不思議」
原発潜入ロボ「PackBot」が撮った写真と同型機が「かなり雑に扱われている」動画
「議事録がない」「動画も音声カット」原子力事故対策本部会議を可視化するための5つの方法
【動画まとめ】「がんばれ原発ロボ」PackBotが撮った原子炉建屋内部のビデオ
ライブカメラが見つめ続けた福島第一原発事故