日本と韓国が領有権を主張する竹島(韓国名:独島)問題をめぐり、40代の韓国人男性が21日、ソウルにある在韓日本大使館の前で日本大使に謝罪を求めて自害騒動を起こした。韓国メディアが伝えた。

 報道によると、男性は11時43分ごろに「日本大使は謝罪しろ」と叫びながら日本大使館前に現れた。男性の左手の小指は切断された状態で、刃渡り15センチの刃物を首に当てるなど、自害行為を行った。大使館の警備に当たっていた機動隊の通報で警察が現場に駆け付け、約30分におよぶ説得のすえ、男性は近くの病院に移送された。

 男性は先月まで建築関係の仕事をしていたが、今は無職の状態。警察の調査で男性は「最近、新聞で独島関連の記事を読んで腹が立った」と自害騒動の動機を語った。

 警察によると、男性が通行人に配ろうと準備していた配布資料には「日本は歴史をわい曲してデタラメを教えているるばかりか、独島を自国の領土だと言い張っている」、「日本は蛮行(ばんこう)を中断し、覚醒せよ」などと書かれていたという。

 韓国メディアは「日本の歴史わい曲に反発し、駐韓日本大使に謝罪を求め、市民が自害をはかる事件が発生した」と伝えた。

 2010年3月には重家俊範元駐韓日本大使に殺害予告をした男が逮捕され、また7月には講演中の重家元大使にコンクリート片を投げた男が逮捕されたことがある。両容疑者ともに執行猶予付きの実刑判決を受けた。(編集担当:金志秀)



■最新記事
地震義援金42億円以上も、竹島をめぐる対立で足踏み=韓国
細田氏の「韓国の支援の受け取りを拒否」発言に批判の声=竹島問題
日本の尖閣諸島に学べ! 韓国の与党議員が竹島の「民間分譲」を提案
韓国「警備強化せよ」 日本が大震災でも竹島に巡視船派遣
日本の歴史歪曲が深刻化、国史を選択する受験生は1割だけ=韓国