「日本に裏切られた」「日本の教科書は背信」……一夜にして「反日」に逆転する韓国の不思議を産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏が報告する。
 
 * * *
「地震と教科書」問題をめぐる議論で、韓国メディアからインタビューを受けた。韓国世論の雰囲気を伝える意味でそのやりとりを紹介しておく(3月30日、平和放送ラジオ電話インタビューから)。

Q:日本政府が独島を日本領土と表記した教科書検定を発表し韓日関係が再び冷却している。韓国人たちは地震で日本を大いに助けているのにひどいではないか、という世論が出ている。どう思うか?
A:日本は今、国家的危機で教科書検定結果に特別な関心はない。地震をきっかけに日韓友好の雰囲気が広がり、日本国民が支援に感謝し韓国に対する親近感が広がっているのは事実だ。しかし教科書問題が出たといって領土問題とつなげて議論すれば、今回の韓国のみなさんの純粋な善意や友情に対しひょっとして別の意図があるのではないかと疑いが出るかもしれない。となると残念だし気がかりだ。二つは別の次元のことだから今回は静かにやり過ごしてはどうか。

Q:いつにもまして友好的雰囲気なのに日本政府のこの時期の発表はあまりに一方的でひどくはないか?
A:教科書検定は数年ごと定期的に行なわれており、3月が年度末で新年度を前に検定結果が発表された。韓国の雰囲気を見てその日程を変えろなどというのは無理な話だ。

Q:教科書問題では日本政府と国民の間に乖離があると聞く。日本国民は韓日関係に支障がある教科書には反対というが?
A:それは行き過ぎた見方だ。教科書で領土問題の記述を強化するという問題だが、これには背景がある。日本は戦後、軍国主義への反省から教科書や教育において国や民族への愛情、領土や国土に対する愛情などは教えてこなかったので、それを正そうと領土問題が出てきた。だから独島・竹島で特別に何かするというのではなく、ロシアや中国との問題を含め日本の領土問題についてちゃんと教えるということだ。教科書に自国の主張を記載し教えるのは当然のことではないか。それが相互理解というものだ。韓国は自信と余裕をもって日本の動きをみる必要があるのではないか。

 以上はやりとりの一端だが、このラジオ・インタビューもすぐ他のメディアで「“妄言製造機”のクロダが“独島問題で韓国は大騒ぎするな”と発言」など非難されていた(朝鮮日報・電子版)。

 自分たちの主張に合わないと相変わらず妄言、歪曲、嘘……だ。日本支援の自信と余裕(?)はどこへやら。韓国の対日感情は大震災を機に変わったという声も聞かれるが、やはり変わっていない。

※SAPIO2011年5月4日・11日号




■関連記事
韓国の義捐金 20%を被災地に、70%を“独島守護活動”に
尖閣諸島狙う中国 韓国による竹島占拠の手法を現在学習中
南京事件 人口20万人だったが「虐殺数30万人」と中国教科書
中国が「北朝鮮は自国領」と伏線張っていると櫻井よしこ氏
韓国漁船がサンマを乱獲 鈴木宗男の影響あり抗議に効果なし