東芝がAndroid 3.0搭載の『レグザタブレット AT-300』を6月発売へ

写真拡大




東芝は、10.1型Androidタブレット『レグザタブレット AT-300』を6月下旬に発売することを発表しました。価格はオープン。プロセッサには『NVIDIA Tegra 2』を搭載し、OSはタブレット用最新OSのAndroid 3.0を採用しています。同社の液晶テレビ『レグザ』やブルーレイレコーダー『レグザブルーレイ』との連携、同社がサービスを開始した電子書籍ストア『ブックプレイス』への対応、豊富なインタフェースの搭載が主な特徴です。

10.1型、1280×800ドットのTFTカラー液晶を搭載。低解像度の映像を高精細にする『レゾリューションプラス』、周囲の明るさを検知して映像を自動調整する『アダプティブディスプレイ』の技術により、外出先でも高精細な映像を楽しめます。音声でも、スピーカーの音質を向上する『オーディオ エンハンサー』、騒音の中でも聞き取りやすい音質に自動調整する『ノイズ エコライザー』、明瞭な音声通話を実現する『SRS Premium Pro』を搭載するなど、高音質を実現しています。

液晶テレビやブルーレイレコーダーとの連携は、『レグザ Appsコネクト』機能により実現。タブレットを無線リモコンとして機器を操作したり、録画番組の情報をユーザー間で共有して楽しめます。

電子書籍サービス『ブックプレイス』は、Windowsパソコンとタブレット、スマートフォン向けに提供する『ブックプレイスリーダー』で読む電子書籍を販売するサービス。2万冊以上の書籍コンテンツをラインアップしています。音声読み上げソフト『東芝スピーチ シセシス』に対応し、購入した書籍を読み上げ音声として楽しめます。

インタフェースは、液晶テレビに接続できるHDMI出力、PCと接続できるUSB 2.0端子、miniUSB端子、SD/SDHCカードスロットを装備。ウェブカメラがディスプレー面と背面に2基、搭載されています。

『YouTube』『Evernote』のアプリをプリインストール。7月には『Androidマーケット』に対応予定で、アプリをダウンロードしてカスタマイズできます。

バッテリー駆動時間は最大7時間。別売りのバッテリーパックに交換することで、外出先でも長時間の利用が可能になります。

『レグザタブレット AT-300』主な仕様
OS:Android 3.0
プロセッサ:NVIDIA Tegra 2 動作周波数1.0GHz
ディスプレー:タッチパネル付き10.1型ワイドWXGA TFTカラーLED液晶 1280×800ドット
記憶容量/メモリー:16GBフラッシュメモリー/1GB
ウェブカメラ:有効画素数約200万画素(前面)、有効画素数約500万画素(背面)
駆動時間:連続動画再生最大約7時間(予定)
サイズ:約W177×D273×H15.8mm(予定)
重量:約765g(予定)
通信:無線LAN IEEE802.11b/g/n、Bluetooth
インタフェース:HDMI出力端子、USB2.0コネクタ、miniUSBコネクタ、ブリッジメディアスロット(SD/SDHCカード対応)、マイク入力/ヘッドホン出力共通端子
主な付属品:ACアダプター、電源コード、取り扱い説明書、保証書、バッテリーパック(本体装着済み)

画像:東芝ウェブサイトより引用

■関連記事
KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表
日本通信が安価なAndroid 2.2タブレット『Light Tab』を3月4日発売へ
KDDIがAndroid 2.2搭載の7インチタブレット『SMT-i9100』を3月11日に発売へ
ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表
Androidタブレット『DELL Streak』のイベント開催 動画サイトで話題のWORLD ORDERと“赤い”須藤元気が登場