LEGOで1周7分の玉転がしを作った驚異の動画! 計20以上のモジュール

写真拡大




レゴといえばブロックを組み合わせて好きな建物を作れるという想像力が働かされるおもちゃ。そんなレゴで玉転がしを作ってしまった人がいる。しかもただの玉転がしではなく1周するのに約7分と驚異の時間が掛かり、総数20ものモジュールによって玉は運ばれる。

玉をシャベルで掴みトラックに乗せて運び、更にエレベーターで運ばれ階段を登らされ……と数々のモジュールが待ち受けている。見ているとピタゴラ装置を思い出しそうだ。中には2種類の玉を識別し振り分けるシーンもあり工場とかが好きな人にはたまらないだろう。

結果的に何が得られるというわけでも無く、延々とこれを繰り返すだけなのだが見ているだけでも実に楽しい。部屋いっぱいに広げられたこのレゴの数々は片づけるのも組み立てるのも大変そうだ。
レゴでのピタゴラ装置は数多く公開されているが今回紹介したのはかなりの規模だ。これも今後更に拡張されるのだろうか。下記のURLから実際に動画を観ることができるぞ。

玉ころがしをつくってみた

■関連記事
マルチタスクに特化した新iOSの動画がリーク! 容量64GBの白iPhoneも?
KDDIが“デザリング”を商標登録したあとに“テザリング”を登録し直し 「てへ 間違えちゃった」
パノラマ写真が気軽に撮れるiPhoneアプリ『Microsoft Photosynth』が凄い! 同じ360でもアレとは大違い
てっぺい先生が『Bad Apple!!』をヴァイオリンで演奏! ランキング1位に
オタクバレしてない人がバイト先にオタクファッションでプリキュアの技を叫びながら出勤! 果たして反応は?