超期待の新作ゲーム『人喰いの大鷲トリコ』 発売延期が決定

写真拡大

『ICO』や『ワンダと巨像』などの超名作ゲームを作ってきた上田文人さん。彼が新作として開発中の『人喰いの大鷲トリコ』の発売延期が決定しました。発売される前から「プレイステーション3の名作になるのは確実」といわれているゲームだけに、残念に思っている人は多いのではないでしょうか?

『ICO』と『ワンダと巨像』はプレイステーション3でHD版の発売が決定しており、2011年内に発売されるといわれています。北米の『Amazon』ではすでに予約販売が開始されていて、12月31日が発売日として指定されています(正式な発売日かどうかは不明です)。以下は、プレイステーション公式サイトに掲載された『人喰いの大鷲トリコ』 の発売延期に対するコメントです。

<『人喰いの大鷲トリコ』 発売延期のご案内>
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、「プレイステーション 3」(PS3)専用ソフトウェア 『人喰いの大鷲トリコ』の発売日を制作上の都合により、当初ご案内しておりました2011年内から延期することを決定いたしましたのでご案内申し上げます。本作の新しい発売時期につきましては決定次第、改めてご案内いたします。本作の発売をお待ちいただいておりますユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます
※プレイステーション公式サイトより引用掲載しました

「2011年内から延期することを決定いたしました」とあるので、2012年に発売する可能性が高そうです。サプライズで2011年のクリスマスに発売! という展開だと嬉しいのですが……、はたしていつになるのか? いまから発売が楽しみでなりません。

画像: プレイステーション公式サイト

■関連記事
ラスボスよりも魅力的な中ボスや小ボスはコイツだ!
『桃太郎電鉄』最新作が製作中止決定「被災地に物件がないのは悲しすぎる」
テトリスがハリウッド映画化か! 美女を襲うブロックたち
『ファイナルファンタジーXIV』の馬鳥が別メーカーのゲームに登場!?
3DSソフト『ザ・シムズ3』の変な中毒性 「なぜかプレイしてしまう」