【バーゼル新作情報】タグ・ホイヤーが『マイクロタイマー フライング 1000 コンセプト クロノグラフ』を発表
tagheuer_mikrotimerflying1000_c.jpg2011年3月24日〜31日、スイスで開催されたバーゼルワールドにて、TAG Heuer(タグ・ホイヤー)は『マイクロタイマー フライング 1000 コンセプト クロノグラフ』を発表しました。

この『タグ・ホイヤー マイクロタイマー フライング 1000 コンセプト クロノグラフ』は世界初となる1/1000秒単位の計測を可能にした機械式腕時計クロノグラフです。

(写真は『マイクロタイマー フライング 1000 コンセプト クロノグラフ』 価格未定)

1860年に創業されたタグ・ホイヤーは、シャルル-オーギュスト・ホイヤーが1916年に1/100秒の精度を誇るストップウォッチ『マイクログラフ』を発表して以降、ハイビートの機械式時計やクロノグラフの分野においてパイオニア、マスターしての地位を築き上げてきました。2005年には1/100秒の計測が可能な世界初の機械式腕時計クロノグラフである『キャリバー360』を発表し、そして2011年1月にはさらに1段ステップアップして中央のクロノグラフ針が1/100秒を表示する『ホイヤー カレラ マイクログラフ1/100thクロノグラフ』を発表。スイス時計業界でも、タグ・ホイヤーは僅かな違いまで判別する正確な計時において比肩し得る者のない地位を築いています。95年の歴史の中で蓄積されてきたハイビート機構に関するノウハウがこれを支えており、また世界初となる機構で取得した特許件数も群を抜いています。

tagheuer_mikrotimerflying1000_b.jpg世界初。1/1000秒単位まで測定可能な『マイクロタイマー フライング1000 コンセプト クロノグラフ』


そして今回、タグ・ホイヤーより発表された『マイクロタイマー フライング1000 コンセプト クロノグラフ』は世界初となる1/1000秒単位の計測を可能にした機械式腕時計クロノグラフで、毎時360万振動という驚異的なハイビートによって、従来の機械式クロノグラフの125倍もの計測精度達成しています。

tagheuer_mikrotimerflying1000_e.jpg振動体となるのは、スイスの時計メーカーアトカルパ社と共同開発された超高振動の500Hzヒゲゼンマイ。
また、この動作を停止させるのが下に配されているランチャー・ハブ・ブレーキ・システムです。



また、2つの異なる振動体を用い、タグ・ホイヤーの技術陣はその1つとなるヒゲゼンマイを用いた調速機に500Hz、つまり毎時360万振動という超高速運動をはたしました。これは従来の機構に比べると125倍、さらに世界記録を持つ『キャリバー360』や『マイクログラフ1/100th』の10倍に当たるスピードを意味します。

『マイクロタイマー フライング1000 コンセプト クロノグラフ』は、一体型の機構である『マイクログラフ1/100th』の構造を踏襲しており、2つの脱進機を併せ持っています。
通常の時間では4Hz、毎時28,800振動、42時間パワーリザーブであったものが、超高速の時間で、500Hz、毎時360万振動を実現したのです。

『マイクロタイマー フライング1000 コンセプト クロノグラフ』の文字盤中央にあるクロノグラフ針は、1秒間に10回転という驚異的スピードで回転して1/1000秒を表わし、1/100秒は文字盤の外側にある1周100目盛りが刻まれたスケールで読み取ります。中央にある2つ目の小さな針は分を表わしており、1周150秒の目盛りによって1/12分を表します。6時位置のインダイヤルは1/10秒を表わし、1周5秒となっています。

このユニークな表示方法によって分、秒、そして1/1000秒を即座に読み取る事が出来ます。F1レースなど1/1000秒の精度が求められる場面において使用できる唯一の機械式クロノグラフです。

tagheuer_mikrotimerflying1000_d.jpg1/1000秒を読み取るためのユニークな表示デザインになっています。


ブラックPVD加工されたケースにチタン製のラグ、ムーブメントはブラック・ルテニウムでコーティングされています。ただしこのモデルはまだコンセプトの 段階にあり、長期に渡る安定性と精度を達成するにはモナコV4の時の様な更なる改良が必要です。しかし、これこそタグ・ホイヤーが過去151年に渡って世に 送り出してきた全ての製品に共通するブランドの精神といえるのでしょう。

ちなみに1/1000秒の世界とは……
ウサイン・ボルトの100m走9.58秒の世界記録では、彼は1.2?進みます。また、M16ライフルが発射した弾丸は97?進みます。1969年に有人の乗り物として世界最高速を記録したアポロ10号は10m進みます。光はなんと300?進みます。


【マイクロタイマー フライング 1000 コンセプト クロノグラフ】
 ■基本情報
 ・価格        : 未定
 ・発売        : 未定
 ・パワーリザーブ   : 42時間
 ・サイズ       : 直径45mm
 ・振動数       : 3,600,000振動/時
 ・表示        : 時・分表示、クロノグラフ
 ・ケース       : チタニウム(マイクロブラスト加工、グレード)、ブラックDLCコーティング
 ・ブレスレット/ストラップ : ブラックラバー
  ・ダイアル           :ブラックゴールド加工、コート・ド・ジュネーブ、ブラックダイアル

 ■ムーブメント
 ・サイズ        : 35.8mm(直径)×7.95mm(厚さ)
 ・石数        : 53石


 【問】LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー ディヴィジョン tel:03-3613-3951
  URL: http://www.tagheuer.com



■関連記事
【バーゼル新作情報】ブランパンが 『L-エボリューション トゥールビヨン ラージデイト』を発表
【バーゼル新作情報】ベダ&カンパニーが『No.8』を発表
【バーゼル新作情報】ハリー・ウィンストンが『オーパス11』を発表
【新作情報】ショーメから『ダンディ・エディション・アーティ オープンフェイス』を発表
【バーゼル新作情報】ウブロから『MP-2 キー・オブ・タイム』が発表
【バーゼル新作情報】パテック フィリップ 『パテック フィリップ5208モデル』を発表
【バーゼル新作情報】ブルガリから『ブルガリ ディアゴノ カリブロ 303』が発表
NBAスタープレイヤー、レブロン・ジェームズがオーデマ ピゲのアンバサダーに
【SIHH新作情報】リシャール・ミルから『RM038 トゥールビヨン バッバ・ワトソン』が発表
【SIHH新作情報】リシャール・ミルから『RM035 ラファエル・ナダル』が発表