19日、中国・環球時報は記事「日本首相の謝罪文、米紙のみに掲載=対応されなかった周辺諸国に不満」を掲載した。写真は3月17日、珠海市で実施された原発事故想定演習。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=50763">

写真拡大

2011年4月19日、中国・環球時報は記事「日本首相の謝罪文、米紙のみに掲載=対応されなかった周辺諸国に不満」を掲載した。以下はその抄訳。

菅直人首相は17日までにワシントンポストなど米紙3紙に寄稿し、東日本大震災への支援について謝意を表明。また、原発事故については遺憾の意を示し、早期収拾を誓った。日本の製品・食品については万全の予防措置をとっているともアピールした。

【その他の写真】

一方、より影響が大きい近隣国に対しては、「謝罪文」がなかったと環球時報は指摘。韓国・ロシア・香港などの新聞では日本の対応に疑念を呈する記事が掲載されている。先日、福島原発から排出された低濃度放射性物質汚染水について、近隣諸国の関心は高く、謝罪するべきとの声が聞かれる。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
原発事故処理、手間取れば世界の同情が不満に変わる―英メディア
原発事故で帰国ラッシュ、在日中国人が家財投げ売り=レストランを売り出す者も―日本
日本政府、中国紙に感謝広告を掲載=原発問題を謝罪してないとの批判の声も―中国
台湾の義援金が140億円を突破=それなのに感謝の新聞広告はなし―日本
「日本からの感謝の気持ちは十分伝わっている」義援金感謝広告に台湾政府がコメント―台湾