【タカラトミー商談会】nanoになってモバイルツールに生まれ変わった『ポテチの手ナノ』

写真拡大




4月20日から21日にかけて東京・都立産業貿易センター台東館で開催中の、タカラトミーグループが2011年7〜9月に向けた主力製品を発表する『2011 タカラトミーグループ夏商談会』。タカラトミーアーツは、ヒット商品『ポテチの手』の新シリーズとして『ポテチの手ナノ』を出展。9月に発売を予定しています。「ナノ」は「nano」の意味で、モバイルツールに生まれ変わったというのですが……。

『ポテチの手』は、パソコンしながら、本を読みながらの“ながら食べ”でも手を汚さずにポテトチップスを食べられる専用マジックハンド。累計で22万個を販売している大ヒット商品です。柄の部分にあるボタンを押すと、フィンガーパーツがポテトチップスをつまんでくれる仕組み。クラッチ機構により適正な強さでつまむ『NBCS(No Broken Clutch System、対象物破損防止クラッチ機構)』、フィンガーパーツに粉がついたら指をこすり合わせて落とす『FECS(Finger Easy Cleaning System、指先クリーニングしぐさ機構)』といったユニークな機能を搭載しているのも特徴です。

従来製品(上)との比較
新製品の『ナノ』は全長150mmと、ペンサイズまで本体をコンパクト化。ポケットに入れて持ち歩き、外出先でポテトチップスを食べてもスマートフォンの画面を油や粉で汚さない、スグレモノのモバイルツールです。

フィンガーパーツにはカバーが取り付け可能に
モバイルツールとしての新機能も搭載。フィンガーパーツにはカバーが付けられるようになり、使用後にポケットに入れてもポケットの中が汚れません。

袋をクリップで留められる『HBCS』
さらに、『HBCS(Handy Bag Clip System)、簡易対象物密封機構』と呼ぶ機能が加わり、ポテトチップスの袋を本体のクリップで留めることが可能になりました。外出先で封を開けても、『ポテチの手ナノ』で袋を留めてカバンに放り込めば、また次の移動先でポテトチップスを食べることができます。

本体カラーは『しおカラーナノ』『のりしおカラーナノ』『ピンクカラーナノ』の3種類。価格は699円(税込み)です。



■関連記事
次は『ハッピーターンの手』? 手を汚さないユニークなおもちゃ『ポテチの手』『ポップコーンの手』企画者インタビュー
女性向けに新色がそろった『ポテチの手』を使ってみた
【TOYフォーラム2011】缶ビールでも“生”気分! きめ細かい泡が自宅で楽しめる『ビールアワー』
【タカラトミーグループ商談会】これで“ちょい足し”も思いのまま! お菓子をフリカケに変えてしまう『おかしなフリカケ』
“程よい”難易度のキューブパズル『3D ギアキューブ』の早解き動画を公開!