緊急出版! CoSTEPが『もっとわかる放射能・放射線』を電子書籍で無料公開

写真拡大




福島原発での事故のニュースは連日報道されていますが、放射能や放射線、その種類や人体への影響についてスッキリ理解できず、不安な気持ちを抱えている人も多いのではないでしょうか。『もっとわかる放射能・放射線』は、今回の事故を理解する科学的な基礎知識を約50ページにまとめたコンパクトな電子書籍。クイズからスタートする親しみやすい内容で、さらっと気軽に読むことができます。

CoSTEP ウェブサイトよりこの電子書籍を出版したのは、北海道大学の高等教育推進機構高等教育研究部に設置されている科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)。CoSTEPは、北海道大学の学生・教職員を主な対象として科学技術の専門家と一般市民のコミュニケーションを橋渡しする“科学技術コミュニケーター”を養成している組織です。

『もっとわかる放射能・放射線』はパソコン向けのPDF、『iPhone/iPod』で読める電子書籍に編集。放射能と放射線の違い、放射線の健康への影響などについて、読み進めるにつれて自然に理解が進むように構成されています。読んだ後は、感想や意見を『Twitter』で書き込み、読者間の交流ができるソーシャル・リーディングの環境も用意しています。

ベクレルとシーベルト、放射線量の積算方法、内部被ばくを含めた人体への影響、「ただちに健康に影響があるレベルではない」とい言葉の意味についてなど、気になっていた疑問にわかりやすく答えてくれる電子書籍、報道される「事実」を理解するために一度目を通してみてはいかがでしょうか。

『もっとわかる 放射能・放射線』
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/news/article/121/

まえがき
第1章 放射能と放射線
1.1 深刻な事故、大きな数値
1.2 クイズに挑戦
1.3 放射能と、ベクレル
1.4 放射能の濃度
1.5 放射線と、グレイ
1.6 放射性物質は、風で運ばれる
1.7 自然放射線
1.8 放射線の人体への影響と、シーベルト
1.9 α線に注意

第2章 人への影響
2.1 がんになる確率は?
2.2 線量限度
2.3 放射線量を積算してみる
2.4 被曝を減らすには
2.5 身体の内にも目を向けよう
2.6 体内にも「自然放射線」の源
2.7 環境中での、放射性物質の循環
2.8 「ただちに健康に影響があるレベルではない」
2.9 これからは
2.10 自然環境への影響

付録1:詳細
付録2:ヒント
役に立つウエブサイト
参考文献
 

■関連記事
震災と原発事故の理解にむけて各出版社が無料公開した書籍&雑誌まとめ
放射線をめぐる誤解
【参考】フランスIRSNによる「推定年間被曝量を示した地図」
スパコン登場!文科省が「海域における放射能濃度のシミュレーション」を発表
米空中測定システム、ヘリや固定翼機の動画公開「なぜか海外から来る放射線汚染情報の不思議」