高年収のビジネスパーソンに5つの共通点

写真拡大

 社会人になってしばらく経つと、個人としての能力や性質の差が、給与の差となってあらわれはじめます。年収がどんどん上がっていく人もいれば、多少上がりはするもののすぐに頭打ちになってしまう人もいます。もちろん年収は働いている業界や会社にも左右されるものですが、同じ会社にいても収入の違いが出てきてしまうのも事実。
 では「稼げる人」と「稼げない人」の違いはどこにあるのでしょうか。

 今回はフィナンシャルプランナーとして、数多くの「稼げる」ビジネスパーソンと接してきた江上治さんの著書『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』(経済界/刊)より、お金を稼げない人に共通する性質を紹介します。

■「稼げない人」はマインドが低い
 「稼げない人」と「稼げる人」の一番の違いはマインド。
 現代では、職業選択の動機が「好きなことをしたい」「自分のやりたいことをやりたい」というものになりがちだと江上さんはいいます。しかし、何も知らない学生時代や社会人になりたての時期に「好きな仕事」や「やりたい仕事」などわかるはずがないというのは事実。自分が何も知らないことを自覚して、最初の何年かは丁稚奉公のごとくひたすら指示された仕事をこなすことで少しずつ「稼げる人」のマインドは育っていくのです。

■「稼げない人」は固定観念にしばられる
 固定観念は時に柔軟な思考や臨機応変な対応の妨げになります。
つまり、ある時点で良いと思ってやっていたことが、後々そうではなかったことに気づいても、自分の行動をなかなか変えられなくなってしまうのです。
冷静で客観的に事実を見て判断できるようになるためにも、固定観念は捨てておいた方がよさそうです。

■「稼げない人」は素直じゃない
 自分の考えに基づいて行動することは悪いことではありません。
 しかし、あまりにもそれが偏っていたり、自分の思い込みで行動していると、いつまでも同じ失敗を繰り返すことにもなります。
 自分を叱責したり、注意してくれる人の言葉に素直に耳を傾ける度量の広さを持ちましょう。

■「稼げない人」は数値判断が苦手
 ビジネスはどんな仕事であれ、最終的には必ず数字に置き換えられます。
 これは売り上げや決算だけではなく、時間の使い方にもいえます。
 事実を客観的に見るためには数値化するのが一番ですが、数値化することで目をそむけたい事実も明らかになってしまいます。見たくない数字からも目をそむけずに見ることができるか。それも「稼げる人」と「稼げない人」の違いです。

■「稼げない人」は予算思考で行動する
 個人のお金の使い方のタイプは「予算思考」と「投資思考」に大別できます。
 「予算思考」とはお金を使う際に、まず財布の中身を気にする思考法で、「投資思考」とは財布の中身よりも「何に使うか」に重点を置く考え方です。
 江上さんによると、「稼げない人」は「予算思考」で行動するといいます。
「予算思考」とは基本的にお金を貯めるための考えです。貯めること自体はいいことですが、それによってお金の使い方が臆病になってしまっては、ビジネス上の大きなチャンスが来てもみすみす逃してしまうことになります。これでは「稼げる人」にはなれません。

 お金はないよりあった方がいいものです。
 普段の努力の割に収入が少ない、もっとお金を稼ぎたいと考えている人は、本書で紹介されている「稼げる人」の考え方や行動を学んでみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
大学時代に“1万冊の本”を読んだビジネスパーソンの正体(インタビュー前編)
面接時、「どうして転職を?」と聞かれたら?
“飲み会で一人ぼっち”がつらくなくなる本
転職直後、新しい職場で気をつけるべきことは?

【新刊JP注目コンテンツ】
大学時代に“1万冊の本”を読んだビジネスパーソンの正体(インタビュー前編)
面接時、「どうして転職を?」と聞かれたら?
“飲み会で一人ぼっち”がつらくなくなる本
転職直後、新しい職場で気をつけるべきことは?
大田正文『人生を変えたければ「休活」をしよう!』 特集ページ
『就活の学校 人事の本音、就活の誤解』特集