「モンゴル式シチュー」とは? 韓国料理の「世界化」に問題発生

写真拡大 (全2枚)

韓国が官民一体で取り組んでいる韓国料理の「世界化」だが、ここに来ていくつかの問題が浮上していることが分かった。

「聯合ニュース」は12日付の記事で、米国の韓国料理店で使われているメニューの表記が、間違いだらけだと紹介した。記事によると、米国ニューヨーク大学院の韓国人学生会に所属する韓国人学生たちは、ニューヨークの韓国料理店が使用しているメニュー表記について調査した。すると、韓国の固有名詞ではなく正体不明の名前を使っていたり、西欧圏で親しみのある名前に変えていたりと、店によって統一性がないことが判明した。

例えば、チャプチェ(春雨と野菜を炒めた料理)は「Clear Noodle Pasta」と表示され、伝統酒のマッコリは「Rice Wine」となっていた。ひどいケースだと、ユッケジャン(牛肉やナムルが入った辛いスープ)が「Mongolian Hot Pot(モンゴル式シチュー)」に、トッポッキ(餅をコチュジャンで炒めた料理)が「Spicy rice Pasta」になっており、どこの国の料理なのか分からない名前になっていた。

学生会は、表記の間違いを韓国料理世界化推進委員会に報告し、改善を求める方針だという。

また、ニュースメディア「ヘラルド経済」は17日付の記事で、韓国は韓国料理の「世界化」を進めているにも関わらず自国のホテルに韓国料理店がないと指摘した。

記事によると、李明博(イ・ミョンバク)大統領夫人の金潤玉(キム・ユンオク)女史は、240億ウォン(約18億円)の予算を投入し、韓国料理の世界化に尽力。G20のソウル開催が目の前に控えていたこともあり、韓国料理の「世界化」を進めようとする動きは大きかった。

だが、致命的な問題が存在していた。各国の首脳が宿泊したソウルの高級ホテルに、韓国料理をふるまう韓国料理店が一軒もなかったからだ。実際、ソウル市内の特1級のホテル18カ所には、中国料理、日本料理、洋食の店が必ずあるものの、韓国料理店があるホテルはたった4カ所だけだという。

このような状況を受け、同メディアは韓国料理の世界化は「口だけ」と批判した。


参照:韓国料理の世界化を主導する米国ニューヨーク大韓国人学生会 - 京郷新聞
参照:「言葉では世界化」…でも韓国はない - ヘラルド経済


(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。