(ネタバレ注意)新アニメ「花咲くいろは」第3話、卑猥な小説家と向き合う緒花。

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
第3話「ホビロン」TVアニメ「花咲くいろは」第3話が放送された。

同作品は、主人公の女子高生・松前緒花が突然、祖母が女将をしている温泉旅館・喜翆荘で仲居として暮らすことになってしまい、そこで様々な経験をしていくというもの。

第3話。緒花は、“喜翆荘”で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎の書きかけの原稿をゴミと勘違いし、捨ててしまった緒花。
 
次の日の朝、彼女は姿を消してしまう。従業員たちは行方のわからない緒花を心配するが、スイは構わず、従業員たちに大掃除を命じるのだった。
 
采子は掃除のため、次郎丸の部屋に向かうも、部屋の掃除を拒まれてしまう…。
 
それでも緒花は、真っ直ぐ彼と向かい合う。次郎丸に部屋へ押し込まれ、亀甲縛りにされながらも、そんな真似をする次郎丸に大声を上げる事もなく彼の話を真面目に聞く緒花。

縛られた緒花、そして緒花・民子・采子がお風呂で体を洗いあうイメージ映像も大きな見所ですが、自分の事を最低だと思う人間の良い所を見抜く緒花は、何かの大きな才能があるのかもしれません。
 
人の良い所、悪い所、向き合う事を教えてくれたお話でした。

(C)花いろ旅館組合

▼外部リンク
花咲くいろは
花咲くいろは 1 [Blu-ray]


■関連記事
【MovieGate】春アニメ最新話をTV放送と連動して毎週更新
【DS】トレジャーリポート 機械じかけの遺産
ドラマ『JIN-仁-』の主題歌は平井堅さんの『いとしき日々よ』
【ひるおび!】お天気お姉さん・森田美位子さんの人気が気温と共に急上昇中
コラボパッケージ『藤子不二雄(A)キャラメルコーン』