東リ 安全性の高いビニル系床材用接着剤「エコAR600」新発売

写真拡大

東リ(株)では、安全性と利便性に優れたビニル系床材用接着剤「エコAR600」を4月18日(月)に新発売した。
「エコAR600」はビニル系床材全般に使用できるアクリル樹脂系エマルション形接着剤で、JISによるホルムアルデヒド放散量の区分がF☆☆☆☆、JAIA(日本接着剤工業会)の定める4VOC基準(トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン)適合、厚生労働省が指針値を示した13種の揮発性有機化合物の不使用など、非常に安全性に優れた接着剤となっている。さらに主な溶媒が水のため、非引火性で火災の危険性が少なく、貯蔵に対して法的な制限を受けない。
この他、同社従来品に比べてビニル床シート、ビニル床タイルの両方に使用できるほか、初期タック力(硬化にいたるまでの接着力)が向上し、貼付可能時間の延長を実現するなど利便性においても優れている。なお、耐水(湿)性、耐アルカリ性に乏しいため湿気のおそれのある下地には使用できないとしている。
価格(税抜)は1万2300円/大缶(15kg)、8400円/中缶(9kg)、4900円/小缶(3kg)。