荒木飛呂彦の最新作『ジョジョリオン』連載開始か / 主人公は承太郎の生まれ変わりか

写真拡大

月刊ウルトラジャンプにて『スティール・ボール・ラン』(ジョジョの奇妙な冒険 〜第7部〜)を連載中の荒木飛呂彦先生が、同誌の5月発売号から『ジョジョリオン』を連載するのではないかとインターネット上で話題となっている。

すでに最新の月刊ウルトラジャンプを購入した人物が誌面を撮影してインターネット上に掲載しているため、『ジョジョリオン』の連載はほぼ決定的だと思われる(わざわざ嘘の絵を描いて騙しているのでなければだが)。

ほとんど情報がないので真偽や詳細は不明だが、舞台は日本の地方都市・杜王町。主人公は水兵のようなファッションをしており、顔は今までの主人公らしからぬチョットまぬけっぽい顔をしている。

杜王町といえば『ジョジョの奇妙な冒険 〜第4部〜』の舞台だが、『スティール・ボール・ラン』と同じ時系列の物語であれば世界が一巡したあとの物語となるため、『ジョジョの奇妙な冒険 〜第4部〜』と同じ杜王町とは限らない。

また、水兵のような姿をしている主人公は『ジョジョの奇妙な冒険 〜第3部〜』の空条承太郎の職業・海洋冒険家に通じるものがあり、もしかすると一巡した世界の空条承太郎ということもありえる。『スティール・ボール・ラン』に登場したノリスケ・ヒガシカタの子孫が登場するかも!? もし本当ならばいまから待ち遠しい連載だ。

■関連記事