ハンゲーム『Smart day 2011』開催! この日からハンゲーは変わる宣言

写真拡大




10年の歴史があるソーシャルゲームサイト『ハンゲーム』が表参道ヒルズにて『Hangame Smart day 2011』を開催した。今回の発表会はハンゲームがスマートフォンに本格参入するべくその意気込みを発表。

最初の登壇者はNHN Japan代表取締役社長の森川亮氏。同氏によればこの日を境にハンゲームを大きく変えたいと言う。また「スマートフォンならハンゲーム」と呼ばれるそんな目標も掲げている。
『ハンゲーム』は2010年7月にスマートフォンサービスが開始されそれに続くように『モバゲー』や『GREE』もスマートフォンに対応。スマートフォン市場がどれだけ大きく成長しているのかがうかがえる。
またハンゲームは既にスマートフォンサービスに54タイトルをリリース(iPhone:30タイトル、Android:24タイトル)。


――『TEIBAN GAME』と『リアゲー』
簡単、時代の流行に流されない、ちょっとした息抜きに遊べるをコンセプトにした『TEIBAN GAME』を『ハンゲーム』は積極的にリリースしていく。オセロ、麻雀、将棋など誰でもわかる定番ゲームを2011年夏までにiPhone、Android共に70タイトルずつリリースすると宣言。
またうって変わって『リアゲー』も発表され各サービスの担当者が舞台に登壇した。毎朝みんなで起こし合う目覚ましアプリ『早朝シーソー』は株式会社博報堂DY メディアパートナーズとの協力のもと製作されている。朝に特化したクーポンなども発行されるとのことだ。
『乗換戦記バトステZ』は首都圏の乗り換えを使い街中に現れる敵を倒していくというもの。こちらはジョルダン協力だ。
好きなアイドルと好きな場所で撮影できる『ドル撮!!』。こちらは『日テレジェニック2011』とのコラボレーションも決定している。
そのほか大人数でジャンケンをする『ジャンポン』などが紹介された。

ドル撮

――開発体制
また開発体制についても触れられこれまでのように内製開発とは別にORANGE OREWというノウハウのある開発スタジオとのパートナーシップも発表。2011年に約15タイトルのゲームを開発すると発表しそのラインナップもMMORPG、SRPG、ビジュアルノベル、スポーツなどバリエーション豊富なものとなっている。またドリコムも『ハッピーアイランド』のスマートフォン版を展開していくと発表。こちらの『ハッピーアイランド』はFacebookなどで注目を集めている。
ハッピーアイランド

今後3年間、日韓スマートフォンゲーム製作に100億円を投資するとの発表もあった『ハンゲーム』。今日という日を機にスマートフォン市場が激化するかもしれないぞ。

森川亮代表
ジョン・ウク氏

■関連記事
『英雄伝説 碧の軌跡』の限定版フィギュアのサンプル画像公開! ファルコムファン大歓喜!
iPhoneの連絡先管理やグループ分けに便利なアプリ『連絡先+』
「菅 有能」でググると…… さすがGoogle先生!
猫とイルカがじゃれ合う癒される動画 仲良すぎ!
iPhoneの『髪コレ』アプリで誰でも可愛い髪型に変身! パッツン髪型に神変身!