攻殻機動隊 S.A.C.「笑い男」が着用していたN3Bが発売へ

写真拡大

 映画「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」の劇場公開を記念してオープンした渋谷パルコの限定ショップ「攻殻機動隊 S.A.C.プレミアムショップ」にて4月15日より、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズに登場する天才ハッカー「笑い男」着用ジャケットの予約発売が開始される。予約販売を開始した草薙素子のコートと同様、作品を手がけた神山監督による監修。メンズサイズのみの展開で、価格は税込¥39,900で販売する。

「笑い男」のジャケットが現実にの画像をもっと見る

 『脳を電脳化した未来で脳細胞が硬化する電脳硬化症が多発。その治療法としてマイクロマシン療法が用いられていたが、村井博士が画期的なワクチンを開発。
確実な効果がある村井ワクチンだったが、利権や医師団体の嫉妬にあい不認可となってしまう。しかし、実はマイクロマシン療法を推進して村井ワクチンを握りつぶしてきた権力者達が秘密裏で村井ワクチンで自身達の電脳硬化症を治療していた。』という、医療スキャンダルを題材に扱った「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」本編。笑い男は、そのスキャンダルを暴くことに信念を持つ"超特A級ハッカー"として登場している。

 大ヒットシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の第3作目として3月26日に公開された「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」は、「東のエデン」の神山健治監督とプロダクション I.Gによって制作。本編全てのカットが3D立体視化されるということからファンの間で話題を呼び、雑誌「ぴあ」映画満足度ランキング第1位獲得や全国ミニシアターランキング3週連続第1位獲得などの反響を得ている。

 渋谷パルコにオープンした限定ショップ「攻殻機動隊 S.A.C.プレミアムショップ」では、「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズに登場する世界観の象徴「電脳空間」をインタラクティブな"電脳空間映像"を投影することで再現。体験者は空間内に常駐する「タチコマ」の指示により時間内に電脳空間を飛び回る「タチコマ」をつかまえるミッションに参加することができる。(※キネクトを使用した電脳空間体験イベントは、4/19(火)までとなります。)また、多数の限定アイテムを展開している。

 劇中に登場する「笑い男」の着用しているジャケットを忠実に再現した「N3B JACKET TYPE The Laughing Man」は、デザインを継承しつつ野暮ったく見えがちなミリタリーウェアを再構築。細めのシルエットに仕上げている。