クリスピー・クリーム・ドーナツより春の新商品として新たに3種のドーナツが登場したので、早速お店まで赴いて食べてきました。

新商品は「レモン チーズケーキ」「ミルキー ストロベリー」「ピュア バナナ」とフルーツ風味になっているようですが、クリスピー・クリーム・ドーナツといえば他店の追随を許さない圧倒的な甘さが特徴です。あの甘さとフルーツの味が一体どんな風にまとまっているのでしょうか。

クリスピー・クリーム・ドーナツの新商品は以下から。Krispy Kreme Doughnuts | シーズナル

クリスピー・クリーム・ドーナツに到着。


天気の悪い平日の昼間でもお客さんの列ができています。


列に並んでいる間に渡されたメニュー。新商品を大々的にアピールしていました。


定番商品の「オリジナル・グレーズド」(左端)と、3種類の新商品「ピュア バナナ」(上方)、「ミルキー ストロベリー」(下方)、「レモン チーズケーキ」(右端)を購入。


これが「レモン チーズケーキ」200円。


クリームの上に小麦胚芽でできたグラハムクッキーがトッピングされています。


一口食べてみると、まるでヤマザキナビスコのレモンパックのようなレモン風味が舌に響きます。レモンテイストが甘さをかき消すと考えてのことなのか、かなり甘さが強めになっています。中に入っているチーズクリームの風味が意外と強いので、チーズ好きの人にお勧めできるかもしれません。


続いて「ミルキー ストロベリー」180円。


ストロベリーとミルクのクリームが混然一体となる中、ビターチョコレートのラインが引かれています。


パクッとかぶりついてみました。ストロベリークリームは「いちごポッキー」系の風味で、ミスドの同系統のドーナツにもちょっと似ています。甘さは比較的弱めで食べやすいのですが、かなりクリーミーなので生クリームなどが苦手な人は向いていないかも。全体的にフワッとして柔らかいのが印象的でした。


最後は「ピュア バナナ」180円。


表面全体がメープルシュガーに覆われ、頂上にはバナナチップスが乗っかっています。


まず、持ったときの重さに驚きました。ほかのドーナツの1.5倍くらいはありそうな重さです。そして味の方はというと、濃厚なバナナジュースを思い起こさせられるほどにバナナ感が強い仕上がりで、中にあるフィリングはバナナをミキサーでジャムにしたかのよう。そしてバナナチップスの歯ごたえが良いアクセントになります。甘みも弱めで、個人的には一番好みでした。


定番商品のオリジナル・グレーズドは砂糖が多く、一つ食べただけで満足するほどのベタっとした甘さがありますが、今回の新商品はそれほどでもありませんでした。クリスピー・クリーム・ドーナツの強烈な甘さに二の足を踏んでいた人でも、一度は試してみてもいいかもしれません。

・関連記事
平日の昼に行列1時間、大人気の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」に行ってきました - GIGAZINE

大阪限定、クリスピー・クリーム・ドーナツ「OSAKAドーナツ」試食レビュー - GIGAZINE

1時間で1500個作成可能、クリスピー・クリーム・ドーナツのドーナツ製造ラインを撮影したムービー - GIGAZINE

ドーナツバーガーや揚げバーガーなど、世界の変わり種ハンバーガーあれこれ - GIGAZINE

ついつい甘い物を食べてしまう「砂糖中毒」を治す10の方法 - GIGAZINE

甘党は砂糖中毒?砂糖に麻薬なみの依存性があることが明らかに - GIGAZINE

記事全文へ