warapappa01

写真拡大 (全8枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

ちわッス! どうもッス! リヤカーブックスの店長こと木村ッス! 本日もよろしくお願いしまーす! いえーい! やっほぉーう! ゲッツ! アンドターン!

というわけで、最新ギャグを交えて挨拶をしたものの、「リヤカーブックス」の知名度は「ももいろクローバー」より低いので、改めてリヤカーブックスについて簡潔に説明させてください。

リヤカーブックスは、リヤカーを引きながら自らセレクトしたビジネス書を売る移動式の本屋さんです。ターゲットは、ビジネスマンが多い品川〜大崎の地域で働き盛りのビジネスパーソン。最近はお客さんとオススメ本を交換して、より一層本を楽しむ“ブクブク交換”という、新しい試みをスタートさせてご好評いただいております。



そんなリヤカーブックスの営業時に、よくお客さんから差し入れとしていただくお菓子があります。それが、森永製菓さんから発売されております「パックンチョ」です。

手を汚さずに片手で食べられる上に、一口で食べられる大きさ。まさに口元へ「パックンチョ」といった感じでいつも美味しくいただいております。

しかし、ある時フッと疑問が…。パックンチョは何個までパックンチョと、食べることができるのだろうか? 今までは1粒ずつ食べていたので、パックンチョと食べることができておりましたが、これが2粒、3粒、と増えていくと、何個までパックンチョと爽快に食べることができるのでしょうか?

というわけで今回は、パックンチョは何個までパックンチョと食べることができるのか検証してみたいと思います。



▼用意するもの


まずは、独自の入手ルートでパックンチョを用意しました。尚、入手ルートについてはお問い合わせいただいてもお教えすることはできません。ご了承ください。


▼パックンチョ開始


さあ、いよいよ検証開始です。1粒ずつパックンチョしていって「これは明らかにパックンチョできていないぞ!」となった時点で検証終了です。長い旅が始まりました。


▼1粒パックンチョ


この表情は、パックンチョを口の中に1粒含んでいる状態です。通常時の表情と変わりないので、1粒はOKパックンチョということになります。



▼3粒パックンチョ


口内に3粒含んでおりますがまだまだ余裕です。OKパックンチョ。



▼5粒パックンチョ


少し頬が膨らんできましたが、こちらもOKパックンチョ。



▼10粒パックンチョ


少し口元からチラついておりますが、大丈夫! まだいけるはず! OKパックンチョ!



▼15粒パックンチョ


これは…さすがに…いや! まだいけるはずです! 限界まで挑戦しましょう! 
OKパックンチョ!



続きを読む

この記事の元ブログ: パックンチョは何個までパックンチョと食べられるのか?


最新の人気記事はコチラ
きみ、なにバックス?
『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合について
インタビュー MR.SUMIことスミマサノリさん
デイリーポータルZさんと喧嘩する
フリーイラスト素材だけで「天空の城ラピュタ」
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみた
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方