7年ぶりにレッスルマニアに登場したザ・ロック(c) 2011 WWE, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大 (全2枚)

 WWEは3日、米ジョージア州アトランタのジョージアドームで、年間最大の祭典『レッスルマニア27』を開催したが、71,617人の観客を集客し、同スタジアムのエンターテイメントイベントの観客動員新記録を樹立した。

 『レッスルマニア』はWWEの興行の中でも、年間を通じて最大のイベント。RAWとSmackDown!の両ブランドが今年も激突し、『レッスルマニア27』のメインイベントではザ・ミズとジョン・シナがWWE王座戦を戦った。ジョージアドームには、全米50州と世界30カ国から71,617人の観客が詰めかけた。これは、2000年2月のバックストリートボーイズのコンサートの記録(65,658人)を抜き、同スタジアムのエンターテイメントイベントの観客動員の新記録とのこと。またチケット売上660万ドルも、2009年10月のU2のコンサート(570万ドル)を抜き、同じく同スタジアムのエンターテイメントイベントの売上新記録だという。

 『レッスルマニア27』には、7年ぶりにザ・ロックが登場しゲストホストを務めるとともに、“ストーンコールド”スティーブ・オースチンもジェリー・ローラー対マイケル・コール戦のスペシャルレフリーとして登場。また、MTVのリアリティショーに出演し人気を博したスヌーキーが、伝説のディーバ、トリッシュ・ストラトスとジョン・モリソンとともにタッグチームを組み、待望のリングデビューを果たしている。

 ちなみに、レッスルマニアの前日(現地時間4月2日)には、恒例の「WWEホール・オブ・フェーム」記念式典が行われ、今年はショーン・マイケルズ、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ロードウォリアーズ、人気コメディアンのドリュー・ケリーらが殿堂入りとなった(昨年は日本人で初めてアントニオ猪木がWWE殿堂入り)。

 日本における『レッスルマニア27』の放送は、「スカパー!」「スカパーe2!」で4月14日(ペイ・パー・ビュー)、「J:COMオンデマンド」「iTSCOMオンデマンド」で4月15日(VOD配信他)、「DMM.TV for Blu-ray Disc」で4月15日(VOD配信)に行われる予定。


■関連ニュース
蝶野正洋がアントニオ猪木らと被災地を慰問、ブログでその様子を公開
“グラドルレスラー”愛川ゆず季が壮絶初勝利!
プロレス界の“名レフェリー”ジョー樋口さんが死去
出会いから14年、プロレスラー小橋建太と演歌歌手・みずき舞が結婚