コナカがUVカット備えた猛暑対策スーツ発売

写真拡大

 コナカが4月16日により、今夏の猛暑に備えた対策スーツとして「COLD SUIT(コールドスーツ)」を販売する。「COLD SUIT」は、太陽光の熱線の反射率を高め、紫外線を効果的に防ぐことで体感温度を低下させることのできる機能性スーツ。価格は1着40,950円で、販売目標額8億円を目指す。

コナカの猛暑対策スーツの画像を拡大

 コナカが暑い夏でもスーツスタイルを涼しく、快適に着こなすための新たなアプローチとして開発した「COLD SUIT」。生地に、太陽光にさらされた時により大きな表面の温度が上昇しやすい濃色が主流のスーツに淡色が持つ特性を付け加え、特定波長域の赤外線反射率を約60%以上に高めた特殊な濃色生地を採用。これによりスーツ表面の温度上昇を抑制し、被服内温度の上昇を防ぐことができる。さらに衣類を透過する紫外線UVを効果的に防御することも可能。電力不足により猛暑となることが予想される中、活躍する機能性を備えた新スーツとして需要が見込まれている。